■日記

■それでも日本が好きだから

投稿日:2016年4月17日 更新日:

ブログの更新は可能な限り、これからも続けます。
心が完全に折れるまでは。

熊本は私にとって特別な場所です。
家族も友達もいます。
そんな地で、大勢の犠牲者が出て、今も大切な人たちが
恐怖に怯えていることを想像すると、胸が痛みます。
地震に慣れていない分、その恐怖は計り知れません。
被災された方にお見舞いを申し上げますとともに、これ以上、
被害が広がらないことを祈るのみです。

海外に行くと、毎回、実感するのが
「日本に生まれてよかった」ということ。
日本ほど住みやすい国はないんじゃないか。
今もそう思っています。
ただ一つ、自然災害が多いことを除いて。

今回も、日本が地震大国であることを思い知らされました。
これからも地震や台風、火山の噴火、洪水…など、何が
起こるか分からない。

それでも日本にずっと住み続けたいと思うのは、ヤッパリ
この国が好きだから。
今回の困難もなんとしてでも乗り越えたいです。

もう一つ自分自身に感じたこと。それは防災意識の低下でした。
東日本大震災のあと、あれほど高かった防災意識もどこか
薄れつつあったことを痛感しました。
いつどこで何が起きてもおかしくないのに。

再度、自分の意識を高めるため、「何かあったときに役立つ」と
いわれている『東京防災』をダウンロードしました

『東京防災』
東京防災
無料配布されているのを知りませんでした。
「iBookstore」「Kindle」ほか電子書店でダウンロード
できるんですね。
スマホ等の端末に入れておけば、災害時、ネット接続せずに
読むことが可能だそうで、何かあったとき助けられるかも。

何も起こらず、この冊子の出番が来ないことを祈りつつ、
それでも不測の事態に備えておいても損はないと思いました。

いつかまた笑顔になれる日が必ず来ると信じている
火の国に再び笑顔が戻りましょうに
私は、私にできることから始めたいと思います。たとえ、
小さなことしかできなくとも。

ブログは予約投稿も含め、通常どおり、またゆるゆると
更新していきます

<< 前の記事
■<今日のおやつ> 罪悪感のないポテチが止まらない
次の記事 >>
■車庫の中で食べる? 美味しい油飯@台北・雙連

-■日記

Copyright© 韓美生活 , 2017 AllRights Reserved.