韓国ミュージカル&演劇等

■韓国ミュージカル『モーツァルト!』2016

投稿日:2016年8月6日 更新日:

明日、ソウル公演は千穐楽です。

韓国ミュージカル『モーツァルト!』2016
M2016-1.jpg
今年の韓国版『M!』は小池修一郎先生の演出でした。

本当はチョン・ドンソクで見たかったけど…
M2016-2.jpg
日程を選べず、キュヒョンのヴォルフガングを見ることに[emoji:i-190]
M2016-3.jpg
客席は冗談かと思うほどガラガラでした
1階席のセンターブロックがなんとなく埋まっていたかなー

「世宗文化会館」という大劇場で、あの空席はキャストが
ちょっと気の毒。
少なくとも、キュヒョンの日はチケット難かと思っていましたが、
全然そんなことはありませんでした。

そんなわけで、簡単に前方席が取れたんですけど、さほど
テンションが上がらないままの観劇になってしまいました。

そのキュヒョンのヴォルフガングは予想していた以上に
よかった。
日本から来ていたキュヒョンファンたちは爆睡していたけど

あんなに難しくて高いキーのナンバーでも安定した歌唱で
聴かせてくれました。ファルセットよりは可能な限り地声で
歌うタイプなんですね[emoji:i-184]

私が最初に見たヴォルフガングがパク・ウンテだったので、
そちらと比べちゃうとアレですが…。
韓国人スタッフからも「ウンテさんは神ですから比べちゃ
ダメです」と言われました。
キュヒョンもかなり高いキーなのに、地声で歌い上げる
シーンもあって、イ・ジフンやドンソクと聴き比べたい
気持ちになりました。

ジュンヒョンさんのコロレド司教はハマり役
M2016-4.jpg
すごく印象的なコロレド司教でした。

ヴォルフガングとの対決シーンでの相手はやっぱりドンソクが
良かったかも。
ややキュヒョンが押され気味で、これがドンソクだったら
全然違う印象を受けたはず。

コンスタンツェはキム・ソヒャン
M2016-5.jpg
実はソウル入りする前に、キム・ソヒャンと仲良しという方と
偶然に出会い、名刺交換していたので、すっごく親近感を
持って見ちゃいました。

この方の『マタハリ』は見ることができなかったけれど、
とても可愛らしく、歌も上手い。ファンになりました。

私が見た日はこんなキャストで…
M2016キャスト1
ヴァルトシュテッテン男爵夫人はシン・ヨンスク
M2016キャスト2
「星から降る金」はもう少し華麗だった印象があるのですが、
この日はなんだろ…。地味に見えました

感想は一言で言うと、長く感じました。
以前見たときはむしろあっという間に感じたのに、今回は
ダレたというか、ちょっと疲れちゃいました。

自分で思いました。
私は大劇場で、舞台上を暗くしたシーンが多く、歌っている
キャストにだけスポットライトが当たる状況が続くと、睡魔に
襲われるか、飽きてしまうのだと。

客席もお寒い状況だったので、もしかするとキャストの士気も
下がりつつあったときなのかもしれませんが、盛り上がりに
欠けたというか…。
自分も体調が悪い中での観劇だったので、地味~な印象を
拭えない感想になってしまったのかも。

それにしても、同じ小池先生の演出なのに、日本版のほうが
楽しめた気がするのはなぜだろ…

<< 前の記事
■<今日の一杯> 熟成したキムチが美味しいラーメン
次の記事 >>
■お茶の風味No.1のソフトクリーム@台北・永康街

-韓国ミュージカル&演劇等

Copyright© 韓美生活 , 2017 AllRights Reserved.