韓国映画

韓国映画『1987、ある闘いの真実』

投稿日:

夏休みが終わったばかりだけど、今週末から韓国の民主化運動を描いた作品が公開されます。

 
『1987、ある闘いの真実』
  (原題:『1987』 2017年/韓国/129分)
韓国映画 1987 ハ・ジョンウ キム・ユンソク
(c)2017 CJ E&M CORPORATION, WOOJEUNG FILM ALL RIGHTS RESERVED

2018年9月8日(土)よりシネマート新宿ほか、全国順次ロードショー

詳しいあらすじや公開情報等は公式HPをご覧ください。

 

映画あらすじ

それは一人の学生の死から始まった。

日本が空前の好景気“バブル”に沸いていた1987年―。
警察に連行されたソウル大生のパク・ジョンチョル(ヨ・ジング)が取り調べ中に不可解な死を遂げたのだ。

 
死因は水責め中の窒息死
韓国 映画 1987 民主化

ところが警察のパク所長(キム・ユンソク)は・・・
韓国 映画 1987 南営洞
「学生の死は心臓麻痺」として火葬を命じる。

 
これに怒ったのがソウル地検公安部長のチェ検事(ハ・ジョンウ)
韓国 映画 1987 民主化
「法律通り司法解剖すべき」と言い渡す。

そしてチェ検事の後輩がこの不審死をマスコミにリーク。翌日には「取り調べ中の学生がショック死」というスクープが流れることに。

 
あわてた警察は拷問を強く否定
韓国映画 1987 民主化 パク・ジョンチョル

東亜日報の記者ユン・サンサム(イ・ヒジョン)は・・・
韓国映画 1987 民主化 報道
凍える手でむせび泣きながら、亡き息子の遺灰を川へと流す父親の姿に憤る。

そして公安部長の職を解かれたチェ検事がわざと残していった解剖鑑定書を手にし、正確な死因を新たに報道するのだった。

ついに大統領府の命令で、パク所長の部下たちが逮捕されることに。

だが、こうした国家ぐるみの陰謀に人々の我慢も限界に達する。
民主化運動で指名手配中のキム・ジョンナム(ソル・ギョング)は「我々に残された武器は真実だけ」と、真相を暴こうとする。

 
刑務所看守のハン・ビョンヨン(ユ・ヘジン)も協力
韓国映画 1987 民主化 実話

一方、ハン・ビョンヨンの姪ヨニ(キム・テリ)は・・・
韓国映画 1987 民主化 イ・ハニョル
民主感動にはさほど興味がなかったものの、ある日、デモに巻き込まれ、一人の青年と出会う。

彼の名はイ・ハニョル(カン・ドンウォン)。

 
民主化を求める声が高まり、追い詰められる警察
韓国映画 1987 実話 軍事政権
イ・ハニョルたちも立ち上がるが、さらなる悲劇が―。

 
*****
最初に資料を見たとき、キャストの豪華さにため息が…。
主役を張れる俳優さんばかり。
こんな贅沢な起用の仕方があるなんて。
試写会後は特にそう思いました。

 
韓国では誰もが知るパク・ジョンチョル(ヨ・ジング)とイ・ハニョル(カン・ドンウォン)。

あまりにも有名なのがデモで催涙弾が当たり、頭を負傷したイ・ハニョルの写真ですね。
頭から血を流し倒れ落ちるイ・ハニョルの姿は画像検索でも出てきますが、そのシーンをカン・ドンウォンがリアルに再現していて、胸に迫りくるものがありました。

ちなみに、今回はプレスシートの中にもカン・ドンウォンやヨ・ジングの写真はありません。
実話を基にした作品であり、この2人も犠牲になった人たち。
ご遺族への配慮もあり、俳優らの写真は掲載しなかったそうです。

 
この映画について「こうした歴史もあって、パク・クネさんへのロウソクデモにつながったのね」という人もいるけど、1987年のそれは命がけ。
「いくらなんでも、それはちょっと次元が違うんじゃない?」と思わなくもありませんでした。

 
…と、韓国にとっては文字通り激動の時代でしたが、韓国に住むアッパはもう少し冷静に本作を見ていました。

本作が韓国で公開されたのは、今の政権になってから。
その時々の政権によって好まれる作品も違ってくるので、少し盛って描いているシーンもないとは言えない。

というわけで、ドップリ共感しながら見るか、少し客観的に見るかで、少し違った作品に見えるかも?

 
オススメ度 ★★★☆☆

タクシー運転手 約束は海を越えて [DVD]
  こっちでもいい仕事をしていたユ・ヘジン!
<<新しい記事 
<今日の一杯> ピリ辛のキノコうどんを食べに再訪@ソウル汝矣島
  前の記事 >>
この夏、バッグと同じぐらい大活躍だったチャームたち

おすすめ記事と広告

-韓国映画

Copyright© 韓美生活 , 2018 AllRights Reserved.