日本ミュージカル&演劇等

■『ミス・サイゴン』2016①

投稿日:2016年11月19日 更新日:

今年に入ってから、日本でのグルメやミュージカルネタは
ほぼ<番外編>にてUPしていますが、こちらの作品は
韓国のミュージカル女優が主演ということでブログにも

ミュージカルミスサイゴン2016_1_1
プレビュー公演で私、大変なことになりました。
序盤から泣いて泣いて泣きまくり、顔が洪水に

日本版『ミス・サイゴン』でこんなに泣いたのは初めてでした

プレビュー公演のキャスト
ミスサイゴン2016_1_2
涙スイッチ入るのが早かったのは、キム・スハ演じるキムの
姿に胸を打たれたから

序盤は声が細く、頼りなげで、ベトナム戦争で家族を失った
心細さと生きる気力のなさがにじみ出ている感じ。

体型が良すぎるので健康優良児に見えなくもないですが
素朴なキムがクリスに恋をし、やがて母となって子を守る。
「命をあげよう」では母として生きる彼女の強さが声に
出ていて、ことさら泣けるのでした

嗚咽をもらしそうになったのは、キムとジョンの「プリーズ」
これ毎回グッとくるんだけど、この日は最前列だったので
目を輝かせてクリスとの再会に期待するキムの表情に
胸が激しく痛み、泣けました。

一方、ジョン役のパク・ソンファンの日本語がイマイチで
この点が残念でした

そして、この場面
ミスサイゴン2016_1_3
3年前のクリスとの別れ
「あぁ、クリス、今でも信じてる。二人の愛、離れはしない」

このシーンのあとに、彼女はエレンの存在を知るのですが、
エレンに対して
「今夜クリスは会いに来るべきよ! 自分で言うべきよ!」

そう感情をぶつけるキム・スハが、顔を真っ赤にして泣いて
いたんです。ショックを受け、戸惑うエレン。

クリスって、なんてロクデナシなのかしら…

二人の女性に共感でき、ここから「アメリカンドリーム」まで
湿ったハンカチをずっと顔に押し当てたままとなりました。

エレン役の三森千愛ちゃん、以前よりずっと良い
キム・スハに対して千愛ちゃんもまた感情むき出しで、
ちょっと怖いぐらい。
なので、二人の対面シーンはとても見ごたえがありました

<< 前の記事
■美味しかったから今度は朝食で再訪@ソウル東大門
次の記事 >>
■『ミス・サイゴン』2016②

-日本ミュージカル&演劇等

Copyright© 韓美生活 , 2017 AllRights Reserved.