日本ミュージカル&演劇等

■『ミス・サイゴン』2016②

投稿日:2016年11月19日   

ミュージカルミスサイゴン2016_2_1
プレビュー公演に続いて本公演も

この日のキャスト
ミスサイゴン2016_2_2
クリスとエレン以外はガラリと顔ぶれが変わりました

この日は前回と違って、そんなに涙は出ず、落ち着いて歌を
楽しむことができました

笹本キムは完成されたヒロインという感じがして、素朴だった
キム・スハのキム(←ややこしい)とは全然違ったキャラに
見えました。

クリスと引き離されて不幸になっていくはずなのですが、
キム・スハほどの悲壮感が出ていなかったことが、おそらく
泣けなかった一番の原因。歌は素晴らしかったのですが。

歌詞の一部はキム・スハのほうが聞き取りやすく、すんなり
心に染み入る感じがしました。
このあたりは好みの問題かもしれません。

エンジニアとトゥイもこの日は別のキャスト
ミスサイゴン2016_2_3
市村エンジニアを見るのは何年ぶりかしら。駒田エンジニアも
クセのあるキャラですが、やっぱり市村エンジニアが一番
好きかも…と、この日、実感。

藤岡トゥイもすごく良かった
今回、一度しか見られなくて残念
なんならクリスもやってほしいと思うぐらい、安定の歌唱力

特筆すべきは上原ジョンかなー。
パク・ソンファンの日本語がイマイチだったせいか、ジョンは
上原理生のほうがずっと集中できました。
「ブイ・ドイ」もガツンと心に響いたし、どのシーンも
素晴らしかったです。

一方、WE帰りの中野ジジは…、期待値が高すぎたのかも
スタイルは抜群だし、歌も上手いのですが、「おぉ~、さすが
WEに出ていただけある」とまでは感じませんでした。

役者さん全員に共通するでしょうが、毎日が絶好調ってことは
ないので、この日は調子が悪かったのかもしれません。

クリスはこの日も汗ダラダラでした

<< 前の記事
■『ミス・サイゴン』2016①
次の記事 >>
■『ミス・サイゴン』2016③

-日本ミュージカル&演劇等

Copyright© 韓美生活 , 2017 AllRights Reserved.