超美味しい

■ヤミツキになって止まらないお肉とは@ソウル祭基洞

投稿日:2016年3月29日   

早いもので今年3回目の肉の日です

この冬、『フランケンシュタイン』を観た後、韓国人の友達と
タクッて食べに行きました。

麻薬コギ
麻薬コギ1
その名も「麻薬コギ」
麻薬コギ-外観
大行列ができることで有名な人気店です

観劇後だったので店に到着したのが23時15分ぐらい。
店主さんから「24時には閉店するからね」といわれ、
「デー」と答えてテーブルに案内してもらいました

焼かれたのはカブリサル(豚背肉)の塊
麻薬コギ2
一人前12,000W(食べたときのレートで約1,210円)

ここで店員さんがお肉に謎の粉をかけました
麻薬コギ3
裏返してからも、もう一度、パッパッと

「何をかけたの」と聞いたら「麻薬です(笑)」って
カレー粉かなーと思ったけど、韓方の入ったパウダーの
ようですね。

次に、お肉をまな板の上で一口サイズに切り始めました
麻薬コギ4
再度、鉄板の上に戻して焼きます

そして忘れてはいけないのがマッシュルーム(양송이버섯)
麻薬コギ-マッシュルーム1
残念ながら品切れで、通常の半分の個数しかないとのこと

とりあえず、あるだけ焼いてもらいました
麻薬コギ-マッシュルーム2
この、旨々のエキスを食べないで帰るわけにはいきません

そんなこんなで焼き上がりました[emoji:i-184]
麻薬コギ6
マッシュルームは予想通り美味しかったです
麻薬コギ-マッシュルーム3
タレはワサビ醤油もあったけど…
麻薬コギ-タレ
この味付けのニラがお肉にピッタリで
麻薬コギ-ニラ
酢大根に巻いて食べると、もう最高
麻薬コギ7
特にお肉から韓方の香りがすることもなく、「麻薬」といわれた
粉の謎は最後まで分からなかったけど、そんなことはどうでも
よくなるぐらいの美味しさでした

残念だったのは閉店間際でチゲが食べられなかったこと
閉店間際でも、店主さんがチゲを注文したらしいのですが、
厨房に上手く伝わっていなかったようで…。
会計時「今からでも食べていきなさい」と言われましたが、
私たちもお腹いっぱいで、ちょっとムリそう[emoji:i-280]

そんなこともあってか、マッシュルーム(通常は5,000Wで
約510円)の食べた分は特に請求されず、どうやらオマケして
もらえたようです

店主さん…、私たちがチゲを食べずに帰ることを、最後まで
申しわけなく思ったようで、「ごめんね」「また来てね」と
手を振って見送ってくださいました。
反対に申し訳なかったぐらい。お肉も美味しかったし、ぜひ
また行きたいです

麻薬コギ마약고기(マヤッコギ)-
住 所:ソウル市東大門区龍頭洞100-5
    (ソウル市東大門区旺山路94-2)
電 話:02-927-2992
営 業:16:00~24:00 日曜日と旧正月、秋夕はお休み
最寄駅:地下鉄1号線「祭基洞駅」5番出口と6番出口の間

―行き方―
駅の5番出口もしくは6番出口を出て、振り返るとお店が
あります!
麻薬コギ-行き方
5番出口のほうが若干、近いでしょうか。

「忠武アートホール」からはタクシーで4,400W(約440円)
でした[emoji:i-220]

夕飯時は大行列のお店も…
麻薬コギ-店内
23時過ぎはさすがに空いていて、すぐに入れました

<< 前の記事
■旅ともコスメで新たな発見♡
次の記事 >>
■韓国の超大作ミュージカルがついに!

-超美味しい

Copyright© 韓美生活 , 2017 AllRights Reserved.