■日記

超手抜きでごめんなさい! 自己流プゴクの作り方

投稿日:2017年9月28日   

今回は私のプゴクの作り方♪
手作り プゴク レシピ
手抜きですが、近所の友だちの間では好評です。
 

材料:4人前

 <基本材料>
プゴ(干し鱈)…適量をハサミでチョキチョキ
木綿豆腐…1パックを拍子木切り
ネギ…1/2本を小口切り
卵…溶き卵にして仕上げに投入

<調味料>
ゴマ油…少量
生姜…1片をすりおろし
(ニオイが気になる人は料理酒も)
水…800ml~
セウジョ(アミの塩辛)…大さじ1~
ダシダ(煮干しダシ)…1スティック

<その他> ← 特になくてもいい材料
以上の材料で十分ですが、自己流なので好きな食材を入れてもいいと思います。私は下記の食材も加えちゃいます♪

青唐辛子…2~3本を小口切り
大根…少量をいちょう切り
トック…適量
仕上げに油揚げ(私は松山あげ)…適量
仕上げにキムカル(刻み韓国海苔)…適量
 

作り方

1.材料を切る
干し鱈はハサミで小さく切ってザッと洗い、生姜はすりおろす。
木綿豆腐は拍子木切りに。私は青唐辛子を数本、小口切り。

 
2.熱した鍋に投入!
熱した鍋にゴマ油を敷いて生姜のすりおろしと干し鱈を軽く炒める。

干し鱈のニオイが気になる場合は料理酒をプラス。
あとは水を800ml入れ、大根、青唐辛子、豆腐といった食材を煮込む。

 
3.味付け
味の決め手はセウジョとダシダ(煮干し風味)のみ!
プゴク レシピ

セウジョはかなりしょっぱいので、大さじ1弱入れるのみ。
ダシダも入れて、味が薄ければセウジョを少し加える。

 
4.仕上げ
トックとネギを入れて煮込み、最後に溶き卵を回し入れる。
物足りないと思ったら、ブラックペッパーを軽くかけてもいいかも。
私は食べる直前に大好物の松山あげとキムカルをのせて完成!

 

気になる味は…

出来上がりはこんな感じ♪
手作り プゴク レシピ

味つけはセウジョとダシダだけなのに、ソウルで食べるプゴクの味にかなり近い。←と、自分では思う(笑)。

食堂で食べるプゴクのほうが味わい深く美味しいかもしれないけど、自分で作る(といっても、たいしたことしてない…)プゴクも悪くない。というか、かなり美味しいと思います。

よく食べるプゴクと違って、トックを入れたり、仕上げに松山あげとキムカルをのせて、より自分好みに♡

ご飯と一緒に食べても美味しんだけど、多めに作っておいて、翌日にうどんを入れて食べるのも好き♡
 

余談ですが

「松山あげ」とは常温保存できる油揚げのこと。
油抜き不要で、そのまま汁物に入れるとフワッフワに♡

初めて食べたとき、その美味しさにビックリし、ネットで購入し始めました。
汁物だけでなく、炊き込みご飯に混ぜ込んだり、いろいろ使えます。ほかの油揚げが食べられなくなりました。

友だちにもおすそ分けしたら、そのままポリポリ食べ始め、止まらなくなったそうです。←そのまま食べたとは…w

 
最近はネット注文しなくても近所で購入できるように!

【ポイント5倍★9/28 11:59まで】【送料490円(沖縄除く】松山あげ (油揚げ) きざみ タイプ【程野商店】

我が家の常備品なので、ありがたいです~♪

<<新しい記事 
■パムチムも美味しいサムギョプサル@韓国・高陽
  前の記事 >>
■韓国料理の材料を「スーパー」で購入@ソウルほか

おすすめ記事と広告

-■日記

Copyright© 韓美生活 , 2018 AllRights Reserved.