韓国映画

韓国映画『王の涙―イ・サンの決断―』

投稿日:2014年12月28日   

ソウルから戻ってバタバタしているうちに、日本でも公開されました。
ヒョンビン主演の韓国映画『王の涙―イ・サンの決断―』

韓国時代劇が好きな方にはたまらない映画。
冒頭、人物相関図が出てきたりするので、時代劇が苦手な人でも楽しめる作りになっています。

 
『王の涙―イ・サンの決断―』
  (原題:『逆鱗』 2014年/韓国/137分)
王の涙_main
©2014 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

12月26日(金)よりTOHOシネマズシャンテ他にて全国順次公開!

詳しいあらすじや公開情報等は公式HPをご覧ください。

 

映画あらすじ

500年も続いた朝鮮王朝時代、名君として今も尊敬される王イ・サン。
本作では史実にフィクションを加え、イ・サンを偉大な王へと変えた運命の24時間を描いています。
その波乱の人生は韓国ドラマ『イ・サン』でもおなじみなので、今日はザックリと。

 
祖父である先代王の英祖によって父親を殺されてしまったイ・サン(ヒョンビン)。25歳で即位してからも暗殺の脅威に怯えている。

信頼できる家臣は宦官のガプス(チョン・ジェヨン)のみ
王の涙_sub
暗殺の不安と恐怖で、いっそ死を願った―。

一方、イ・サンの義理の祖母である貞純王后(ハン・ジミン)はイ・サンの失脚を狙い、当代一刺客ウルス(チョ・ジョンソク)が王の暗殺者に抜擢される。
そして1777年7月28日、刺客が王の寝殿にまで押し入ったという歴史的事件「丁酉逆変」が起こり―。

 
*****
今回、可愛らしいハン・ジミンが演じたのは貞純王后(王大妃)。
わずか15歳で輿入れした当時、お相手の英祖は66歳。この「51歳」という年の差婚は朝鮮王朝でもっとも年の差のある結婚で、しかも英祖の息子の思悼世子より10歳も若かったという。

よく“愛があれば年の差なんて”というけど、この女性が当時、どんな気持ちで嫁いでいったのか。とても想像することはできません。

面白いのは、ドラマ『イ・サン』でヒロインを演じたハン・ジミンが…、

本作ではイ・サンの命を狙う貞純王后
イ・サンと王の涙のハンジミン
清純だったソンヨンから一転。悪女へと変貌を遂げています

ドラマよりかなり若返った感じw
イ・サンと王の涙-貞純王后 金氏-
左がドラマ『イ・サン』で貞純王后を演じたキム・ヨジン。急激な若返り(笑)。
ここまで違うと、実際はどちらに近かったのか、とても気になる。
いずれにしても、ハン・ジミン演じる王大妃は美しかったです!

また、ストーリーとは全然関係ないけど、本作に限らず時代劇を見ていていつも思うのは、王の護衛が弱すぎるということ(笑)。
刺客がメチャクチャ強くて、次々と王の護衛が倒れていくという。
本作も、最後は筋肉ムキムキのヒョンビン王が刺客と互角に闘っている。
強さのレベルがどこかおかしい。

イ・サンとガプス、ウルスの運命が交錯するラストシーンは氷点下の真冬に1ヵ月もかけて撮影したそうで、誰もが体力の限界スレスレのところで熱演していたんですね。
137分はちょっと長く感じられたけど、ストーリーはよくできていて楽しめました。

オススメ度 ★★★☆☆

コンパクトセレクション イ・サン DVD-BOXI
 まずはドラマから。
<<新しい記事 
■黒豆腐と食べるポッサムはダイエッターの味方@ソウル仁寺洞
  前の記事 >>
■帰国後すぐに羽田空港でフレンチトースト♪

おすすめ記事と広告

-韓国映画

Copyright© 韓美生活 , 2018 AllRights Reserved.