■お気に入り&お土産

腰痛との闘いに終止符を打ったもの、それは・・・

投稿日:2016年12月23日   

今日は韓国にも台湾にも関係ない写真を<番外編>にUPしようかと。

布団カバーを新しくしたんだけど、数多くある商品の中から選んだのは日本製の和柄。

 
『THE BEST QUALITY FROM JAPAN』 つづれ
和柄-つづれ
奮発したけど、これまでの洋モノのカバーより部屋が落ち着いた感じになりました。

備忘録<番外編>にUPするつもりでしたが、日本製品で一つ書き残しておきたいことがあり、今回コチラに。
同じ苦しみを経験されている方の参考になることがあれば嬉しいです。

 
何年か前、腰痛…というか、それを通り越して腰の激痛に苦しんだ時期があります。
痛みとしては、腰を曲げて顔を洗えないぐらいの激痛。トイレの便座に座るのも辛かったです。

まずは近くの外科に行き、その後はアチコチ病院を変え、最後は紹介状を持って大病院で検査することに。
元々、軽いヘルニアってことは言われていたけど、痛みを起こしている原因が分かり、手術を勧められました。

ただし、手術には最低でも1ヶ月の入院が必要とのこと。
もっと悲惨なのは、それだけの費用と時間をかけても「治らない可能性もある」という。そんな~w

私の腰の場合、一番痛かったのは朝でした。特に寝起き。昼になるとかなり楽になっていました。

ってことは、原因は骨だけでなく、寝ているベッドにもあるわけで、実はこの時点でベッドのマットレスを2回も買い替え、すでにウン十万円を使いました(涙)。

腰痛を発症してから半年ぐらいになっていたし、対策にかけた費用もかなりの額になっていたわけで…。それに加えて入院とか手術費用はさすがに躊躇しました。

そんなとき「腰痛持ちの外国人が日本の畳の上で寝たら腰痛が治った」という話を知りました。
藁にもすがる思いで、即、畳屋さんに電話を入れました。

ベッドを捨てたくなかったので、ベッドサイズの畳を特注するために。

ここで畳屋さんと何度かやり取りしました。
畳にも国産と中国産があるといわれ、金額もピンきりw

迷わず高い国産にしました。
マットレスで相当お金を使い、金銭感覚が麻痺していたのもあるけど、せっかくだから国産にこだわりたくて。

 
そうして、ついに畳ベッドが完成!
ここに極薄のマットレスを敷いて寝ることにしました。

結果、腰痛はなくなりましたψ( ̄▽ ̄)ψ
嬉しかったけど、それまでの時間と費用を考えると嬉しいやら悲しいやらw

いずれにしても、日本の伝統文化がいかにすごいか思い知りました。
どんな高級マットレスよりも、日本の畳が一番。

以来、ずぅーっと畳ベッドを愛用し、腰痛とは無縁の生活を送れるようになりました。

<<新しい記事 
■自分へのプレゼントにあのコスメを♡
  前の記事 >>
■今まで使用していたアイマスクで新発見♪

おすすめ記事と広告

-■お気に入り&お土産

Copyright© 韓美生活 , 2019 AllRights Reserved.