食べ歩き

超グルメな大将から教えてもらったコスパ最強のお鮨@青山一丁目

投稿日:

いつもお世話になっている編集者さんとの鮨会。
この日は、大好きな大将が教えてくれた人気寿司店へ。

 
『すし処 美波』
青山 鮨 すし処 美波 お寿司 乃木坂

なんと『鮨なんば』出身の大将がオープンしたばかりのお店。なのにすごーくリーズナブルとのこと。

早速、予約を取ろうとしたけど、これが取れない(涙)。結局、2ヶ月待って、ようやく予約を入れてもらえた。
実際にお店に行ってみて分かったけど、ここも常連さんが食後に予約を入れて帰る感じ。一見さんは最初のハードルがちと高い。

 
コースは煮牡蠣からスタート
青山 鮨 すし処 美波 お寿司 乃木坂

途中の甘海老ホタルイカを撮り忘れてしまったw

 
美味しかったのがカワハギの糠漬けと肝あえ
青山 鮨 すし処 美波 お寿司 乃木坂

これはお酒が飲みたくなる一品。奥のガリも独特で美味しい。

 
握りスタート
青山 鮨 すし処 美波 お寿司 乃木坂

 
一番のお気に入りが意外にもサワラ
青山 鮨 美波 お寿司 鮨なんば

口の中でトロけるサワラだった。

 
ホッキ貝の食感もたまらない!
青山 鮨 美波 お寿司 鮨なんば

 
ここで日本酒をオーダー
青山 鮨 美波 お寿司 鮨なんば

このお店はワインも充実していた。メニューを見るとワインのほうが種類も多そう。

 


 
再び握り
青山 鮨 美波 お寿司 鮨なんば

 
酢でしめたイワシの巻きもの
青山 鮨 美波 お寿司 鮨なんば

こういうの好き♡

 
終盤のお気に入りはホタテ
青山 鮨 美波 お寿司 鮨なんば

 
〆は穴子と水菓子
青山 鮨 美波 お寿司 鮨なんば

お腹いっぱい。満足♡

お会計は飲み代込みで1万4千円ほど。
青山一丁目と乃木坂の中間点という場所で、美味しいお鮨を食べてこの金額はリーズナブルだと思う。ほかのお客さんたちが次の予約を取って帰るのも分かる気がした。

ただ、少し前にもココに書いたけど、お鮨って本当に好みが分かれる。編集者さんと私はわりと『やす秀(やすみつ)』のやんちゃな大将の鮨も好みだったりする(笑)。

 
あっという間に4月に突入した。今年は次から次へと仕事が入ってきて、目まぐるしい毎日を過ごしている。
なので、編集者さんとの慰労会は大切な時間。次の仕事の前に一度リセットできるから。

この年になり、自分へのご褒美ってホントに重要だと感じる。疲れた体に「お疲れ様」って言ってあげられるから。
一方で、編集者さんにしても私にしても、仕事が途切れないというのは幸せなこと。この状況を当たり前と思っちゃいけない。
美味しいお鮨を食べながら「明日からまた頑張ろう」と自分に言い聞かせた。

 

店舗情報

<<新しい記事 
いつでも食べられると思っていたパンケーキを頬張りながら再会を願う@新宿
  前の記事 >>
こんな本を待っていた♡ 『一度見たら忘れられない! 韓国語の語源図鑑』

おすすめ記事と広告

-食べ歩き
-,

Copyright© 韓美生活 , 2021 AllRights Reserved.