食べ歩き

楽しみにしていた「台湾フェスティバル」に行ってみたものの…

投稿日:

 

これまで予定が合わず、見送ってきた「台湾フェスティバル」

 
ついに初「台湾フェスティバル」
台湾フェスティバル 上野 入場券 台湾ビアガーデン
公式HP

結論から先に書くと、かなり微妙なイベントで、来年以降はもう行かないと思う。

まず500円の入場券を求めて長蛇の列に並ぶことに。
私たちは列に並ぶのが嫌だったので、その場でネットで購入。QRコードを見せることで列に並ばずに済んだ。

ただし、この入場券も本当に必要だったのかどうか。
出口付近から自由自在に人が出入りでき、おそらく入場券を買うことなく、中に入っている人もいるようだった。

そして入場券を払うほどのイベントだったかと言うと、私は500円を払う価値をあまり感じなかった。
3密回避と感染防止対策を行うため必要だったようだけど、中に入れば思いきり“密”。回避などできていなかった。

 
台湾風のキーホルダー
台湾フェスティバル 上野 入場券 台湾ビアガーデン 台湾雑貨
1個/500円(3個なら1,200円)

友だちはこのキーホルダーに釘付け。どう考えても3個買ったほうがお得だと思う。

 
『阿原 YUAN / ユアン』の石鹸
台湾フェスティバル 上野 入場券 阿原 YUAN

私はキーホルダーは買わず、大好きなこの石けんを迷わず購入。

いつもの緑豆薏仁(1,540円)は汚れや角質を除去。くすみを改善し、潤いのあるみずみずしい美肌へと導いてくれる。
友だちの買った金英(1,870円)は肌を引き締めてキメを整えてくれる。保湿効果で乾燥を防ぎ、小ジワも目立たなくなるとか。

 
問題は食事w
台湾フェスティバル 入場券 行列 混雑

何を食べるにも長蛇の列に並ばないといけない。しかも台湾グルメもドリンクもイマイチだったw

 
「これじゃない!」感が満載
台湾フェスティバル 台湾グルメ 台湾スイーツ タピオカミルクティー

タピオカミルクティー(500円)は飲んだ瞬間、思わず「まずい…」と口にしてしまった。
ここで500円も出して買うぐらいなら『貢茶 / ゴンチャ』で買ったほうがいい。

薄っぺらい唐揚げのような大鶏排に、よく焼けていない葱抓餅(500円)。
おそらく葱抓餅「業務スーパー」で買って自分で焼いたほうが美味しい。

小籠包(600円)はせっかくの肉汁も、皮がやぶけてしまい堪能できず。
マンゴーかき氷(600円)は現地で食べるものとはまったくの別モノで、胡椒餅(600円)にいたってはミートパイのようだった。

これらのものを買うには25~30分ぐらいの列に並ばなくてはならず、しかも立ち食いとなる。
さらに「台湾ビールも飲みたい!」となったら違う列に再び並ばないといけない。

 
この混雑ぶりw
台湾フェスティバル 入場券 行列 混雑

ビールを飲んでいたカップルに聞いてみたら、やはり30分並んで買ったそう。

 
楽しめる要素があったとしたら占い!?
台湾フェスティバル 占い 文鳥 タロット 手相

私以外の友だちは占ってもらっていた。

そんなこんなの「台湾フェスティバル」。
おかげで、「早く台湾に行きたい!」という思いがさらに強まった。

<<新しい記事 
韓国映画『ベイビー・ブローカー』
  前の記事 >>
生涯、何回食べても飽きることがない! 困ったときのランチはコレに決まり@赤坂

おすすめ記事と広告

-食べ歩き

Copyright© 韓美生活 , 2022 AllRights Reserved.