■本&雑誌

7日間ブックカバーチャレンジ

投稿日:

先月、Facebookでポテサラ男爵からバトンが回ってきた7日間ブックカバーチャレンジ。

これは読書文化の普及に貢献するためのチャレンジ。
好きな本を1日1冊、7日間投稿するというもの。本についての説明なしに表紙だけの画像をアップして、毎日1人のFB友達を招待してこのチャレンジに参加してもらう。

中にはバトンものが苦手で、バトンを回さずに独自で好きな本や映画をUPしている人もいる。それでいいと思う。
私は普段親しくしている人たちがどんな本を読んでいるのかが興味深く、中には好奇心を抑えきれず、ポチして購入した本もある。読み直したい本も出てきて、これはこれで楽しみが増えて嬉しかった。

 
1日目:奥田英朗著『最悪』
ブックカバーチャレンジ 小説 奥田英朗 最悪

最悪 (講談社文庫)

この本をきっかけに奥田作品のファンとなる。韓国でも人気の作家さん。バトンは20年来の友人である日刊ゲンダイのエースに渡した。

 
2日目:金城一紀著『GO』
ブックカバーチャレンジ 小説 金城一紀 GO

GO (角川文庫)

小説のみならず映画も好きだった。元テレ朝のPDにバトンを回したが、この方も『GO』好き。

 
3日目:東野圭吾著『パラレルワールド・ラブストーリー』
ブックカバーチャレンジ 小説 東野圭吾 パラレルワールド・ラブストーリー

パラレルワールド・ラブストーリー (講談社文庫)

過去に3回読んだ本。東野作品はほとんど読んでいるけど、とても好きだった。いつも気遣いが嬉しい都心の大手デパート広報にバトンをつなぐ。

 
4日目:三谷幸喜著『オンリー・ミー 私だけを』
ブックカバーチャレンジ 小説 三谷幸喜 オンリー・ミー

オンリー・ミー―私だけを (幻冬舎文庫)

三谷幸喜といえば、ドラマはもちろん、舞台がとにかく面白い。楽しみにしていた舞台が中止となったので、この1冊を選んだ。バトンはメシ友の隊長に渡した。

 


 
5日目:黒田勝弘著『韓めし政治学』
ブックカバーチャレンジ 韓めし政治学 黒田勝弘

韓めし政治学 (角川新書)

ここでウリアッパの宣伝となる(笑)。大好きな心理カウンセラーの鎌田聖菜ちゃんにバトンを回す。彼女との食事会は私の楽しみの一つ。

 
6日目:池田理代子著『ベルサイユのばら』
ブックカバーチャレンジ マンガ 池田理代子 ベルサイユのばら

ベルサイユのばら 全5巻セット 化粧箱入り (集英社文庫(コミック版))

終盤なんで王道を投稿(笑)。『ベルばら』ということで、ここは迷わず、お世話になっている梅田芸術劇場のPDにバトンを回した。

 
最終日:『アントニオ猪木 メモリアル写真集(テレカアルバム)』
ブックカバーチャレンジ プロレス アントニオ猪木

最初にポテサラ男爵からバトンが回ってきた時点で、最後の1冊はコレ!と決めていた。最後のバトンは付き合いが長い斯波まやちゃんに渡した。

 
私のブックカバーチャレンジは終わってしまったけど、ほかの人の本を見る楽しみがある。今のとこ村上春樹の本が多いかも♪

<<新しい記事 
今週末スタートの「お買い物マラソン」で買いたいもの
  前の記事 >>
いつのときも台湾は日本の友だち

おすすめ記事と広告

-■本&雑誌

Copyright© 韓美生活 , 2020 AllRights Reserved.