ベースメイク

軟弱な肌をかたつむりのBBクリームでカバー

投稿日:2011年4月21日   

 

私は結構、肌が弱い。軽いアトピーということで皮膚科の常連だし、ちょっと体が弱っているときは魚介類等の食べ物で湿疹が出ることも…。
昨年末、アレルギーを詳しく調べるため血液検査をしたところ、ハウスダスト以外に花粉のほうもかなり高い数値が出ていて驚いた(汗)。
自分が花粉症だってことをまったく知らなかったし、思っていたよりずっと軟弱な肌をしていたよう。

なので、花粉の時期は目の周辺にかゆみがあったりするわけだけど…、原稿を書くのに薬の副作用で眠くなっては困るので、かゆくても我慢!
とりあえず、乾燥しないよう気をつけている。

そんなときは化粧するのもイヤなんだけど、やっぱり丸っきりスッピンで仕事に出かけるのも…というわけで、簡単にチャチャッとメイクする。
ここで役立つのが“かたつむり”成分の入った『イッツスキン』のBBクリーム
カバー力はさほどないけど、肌が敏感になっている時はこのプレステージ クレーム エスカルゴ BBクリームに助けられている。

 
『It’s skin / イッツスキン』
 PRESTIGE crème d'escargot B.B  SPF25,PA++

カタツムリBB1
免税店で18ドル(約1,500円)。VIPカード使用で15ドル(約1,250円)に

やっぱり“かたつむりコスメ”といえば『イッツスキン』よね。
「ハンブル化粧品」の系列会社で、なおかつ皮膚科の専門医の処方を基に商品開発を行っているドクターズコスメブランド。こんな敏感肌の私でも安心して使えるのが嬉しい(涙)。

その『イッツスキン』が初めてカタツムリ粘液配合のクリームを発売したときは衝撃的だった。ややお高めの金額と、容器の大きさも(笑)。
けどそれなりの効果が期待できたし、あっという間に他のコスメブランドにもかたつむりコスメが広がった。

こちらのBBクリーム、BB本来のUVカット機能はもちろん美白にも効果があるとか。カタツムリ粘液成分が21%配合されているので肌の再生にも役立つ。BBクリームなのにリフティング効果も期待できるそう。

 
このパケのデザイン↓が、いかにも『イッツスキン』のかたつむり商品
カタツムリBB2

色がちょっと濃い目でオークルのようにも見えるけど…。

 
伸びが良くて顔につけると自然な仕上がりに♪
カタツムリBB3

顔全体に伸ばしたら、軽く指先で叩くような感じで肌になじませていくといいそう。
しかも、すっごくなめらかで肌に水分補給しているかのようにみずみずしい。ツヤ肌も演出できる。

ただし軽いテクスチャーである代わりに、カバー力はそこまでない。
隠したいものがたくさんある場合は少し厚めに塗るか、パウダー等が必要かも。「薄付きでも大丈夫!」という方には十分だと思う。

南米チリ発祥のカタツムリクリームを韓国で購入し、日本で使うことになるとは…。
おかげで助かっている。

<<新しい記事 
韓国ミュージカル『アイーダ』
  前の記事 >>
東北のこだわり農家を応援する会

おすすめ記事と広告

-ベースメイク

Copyright© 韓美生活 , 2022 AllRights Reserved.