韓国映画

■韓国映画『小さな池-1950年・ノグンリ虐殺事件-』

投稿日:2011年5月30日   

前回に続けて映画の話です。こちらは序盤から、いきなりソン・ガンホが
登場します。短いシーンなので、知らないで観てしまうと見逃される方も
多いかもしれません^^;
まるで『冬の小鳥』のソル・ギョングのよう。いや、それよりもっと
短いです(汗)。

小さな池 -1950年・ノグンリ虐殺事件- (原題:小さな池) 
小さな池main
                              © キノアイジャパン 
 2010年/韓国/83分
 監督・脚本:イ・サンウ
 出演:韓国映画好きな方、韓流ファンの方なら「あっ!」と思うような
     名優たちが大勢出演しています。イ・デヨン、カン・シニル、
     キム・スンウク、チョン・ヘジン、キム・レハ、ソン・ガンホ、
     ムン・ソリ、パク・チア、パク・ウォンサン、ユ・ヘジン、
     チェ・ヨンミン、故パク・クァンジョン…他、よーく見ていると
     顔が確認できます。

こんな大物俳優たちを贅沢に起用するとは…と思っていたのですが、
こちらも映画の講座の先生に教えていただき、納得しました。
ソン・ガンホもムン・ソリも、イ・サンウ監督が制作・演出を手がける劇団
「チャイム」に所属していたんですね! 
この劇団「チャイム」に所属したことのある俳優さんらが多く出演されている
ようです。

それにしても、こんなひどい出来事があったことさえ知りませんでした。
朝鮮戦争当時の1950年7月、老斤里(ノグンリ)で起きた事件がもとに
なっています。
米軍の無差別射撃によって村の住民が無残に殺害されました。
小さな池sub
                              © キノアイジャパン 

恐ろしく残酷。罪のない数百人もの村人たちがわけもわからないまま、
いとも簡単に殺されていくなんて…。
この出来事は韓国とアメリカの政府によって50年間も否定され続けて
きました。
それが1999年になって、ようやく真相が明らかにされたんだそうです。

米軍から無差別射撃を受けるシーンは驚くほどリアルで、思わず目を
背けたくなる映像もありました(汗)。でも事件に巻き込まれ、なんとか
生き残ることのできた生存者たちが
「死体を盾にし、血の水を飲みながら命をつないだ」と証言していることから、
その時の状況が想像を絶するものであったことが理解できます。

上映時間は86分とやや短いですが、韓国映画界の最高のスタッフと
役者が集結し、反戦と平和のメッセージを伝えています。

真!韓国映画祭
5月28日(土)~6月17日(金) 新宿K’sシネマにて開催

<<新しい記事 
■見た目にも美しく、とても美味しい餃子スープ@ソウル明洞
  前の記事 >>
■韓国映画『ソウルのバングラデシュ人』

おすすめ記事と広告

-韓国映画

Copyright© 韓美生活 , 2018 AllRights Reserved.