韓国映画

韓国映画『毒戦 BELIEVER』

投稿日:

韓国で500万人もの観客を動員したヒット作『毒戦 BELIEVER』がついに日本でも公開される。

 
『毒戦 BELIEVER』
 (2018年/韓国/124分)
韓国映画 毒戦 チョ・ジヌン ジョニー・トー ドラッグ・ウォー

(c)2018 CINEGURU KIDARIENT & YONG FILM. All Rights Reserved. 

10月4日(金)シネマート新宿ほか全国順次ロードショー
詳しいあらすじや公開情報等は公式HPをご覧ください。

 


 

映画あらすじ

麻薬取締局のウォノ刑事(チョ・ジヌン)
韓国映画 毒戦 チョ・ジヌン ジョニー・トー 映画 ドラッグ・ウォー
彼は組織壊滅のため、長年このイ先生を追っているが、いまだ尻尾すらつかめない。

ある日、麻薬精製工場で爆発が起こった。

 
生存者はラクと名乗る青年(リュ・ジュンヨル)
韓国映画 毒戦 チョ・ジヌン ジョニー・トー 映画 ドラッグ・ウォー
組織に見捨てられたラクは、イ先生が出現する可能性の高い麻薬取引の情報を持っていた。

 
ウォノは、ラクと手を組むことに
韓国映画 毒戦 チョ・ジヌン ジョニー・トー 映画 ドラッグ・ウォー
ラクを釈放することを条件に、彼を案内役として組織に潜入することを決意する。

 
だが、そこは麻薬に魅入られた狂人たちの巣窟―
韓国映画 毒戦 チョ・ジヌン ジョニー・トー 映画 ドラッグ・ウォー

 
大胆かつ危険極まりない筋書き
韓国映画 毒戦 チョ・ジヌン ジョニー・トー 映画 ドラッグ・ウォー

 
エスカレートする執念の捜査
韓国映画 毒戦 チョ・ジヌン ジョニー・トー 映画 ドラッグ・ウォー

ウォノがたどり着いた驚愕の真実とは?

 
*****
映画にハマり、中毒に陥る人が続出したという本作品。
「麻薬中毒とか、そういうストーリーが苦手」「ハードボイルドは見たくない」という人も、きっと冒頭から釘付けになるに違いない。

すべてが強烈すぎて言葉を失う。
おかしな人ばかりが出てくるから、何がまともか一瞬、分からなくなる。

 
特筆すべきはこの人!
韓国映画 毒戦 チョ・ジヌン キム・ジュヒョク 遺作
2017年10月に亡くなったキム・ジュヒョク。

遺作となる本作では麻薬中毒者を演じているが、その狂人ぶりは見ていてゾッとするほど。

静かに怖い。

オリジナルは、香港ノワール映画の巨匠ジョニー・トー監督の『ドラッグ・ウォー 毒戦』(2016)。
見ていて、すごく古い作品かと思っていたら、わずか3年前の作品で驚いた。
韓国版のほうが一人ひとりのキャラが立っていて、ストーリーにもメリハリがある。完全にオリジナルを超えているように思った。

 
オススメ度 ★★★★

ドラッグ・ウォー / 毒戦 [DVD]
 オリジナル作品。
<<新しい記事 
潤いすぎるクリーム!? 衝撃の水爆弾アイテム
  前の記事 >>
「ミシュランガイド」掲載店でお肉と明太子の贅沢ランチ@ソウル・トゥッソム

おすすめ記事と広告

-韓国映画

Copyright© 韓美生活 , 2019 AllRights Reserved.