韓国映画

■韓国映画『フェニックス~約束の歌~』

投稿日:2013年6月6日   

明日6月7日(金)より公開されます。イ・ホンギ主演の映画
『フェニックス~約束の歌~』。
ただのアイドル映画と思っていたら、いろいろと考えさせられました。

『フェニックス~約束の歌~』(原題:熱いさよなら) 2013年 韓国
フェニックス メイン1
(C)KJ-net

6月7日(金)からTOHOシネマズ六本木ヒルズ、TOHOシネマズ
梅田ほか全国公開!

あらすじや公開情報等の詳細はコチラのHPをクリックしてください^^

わがままなトップアイドルのチュンイ(イ・ホンギ)
フェニックス メイン2
カメラのないところでは不機嫌で、ついに事件を起こしてしまいます。
社会奉仕活動を命じられ、彼が向かったのはある病院。
ここには変わった患者ばかりがいました。
フェニックス サブ1
タバコ好きでコワモテの男がいれば、歓楽街へと繰り出していく男も。
そしてチュンイの指導役はクールなアンナ
フェニックス サブ2
こうした患者たちに10歳の少女ハウンが加わり、なんとバンド活動
していることをチュンイは知ります

けれどチュンイは気づきました。
彼らが余命宣告された患者たちであることに。ここは患者を治療する
病院ではなく、ホスピスだったんです。彼らが最後の時間を過ごす場所。
チュンイは複雑な思いを抱きました。彼の目には患者の死を待つだけの
病院にしか見えません。彼自身、過去に母親を亡くすというトラウマを
抱えていたから…。
フェニックス サブ3
病気の母親に甘えるヒムチャンに、チュンイは過去の自分の姿を
重ねます。

そんな中、資金難だった病院の閉鎖騒ぎが勃発
フェニックスのメンバーはオーディションに出て賞金を獲得しようと
考えます。
フェニックス サブ4
けれど、チュンイにはアメリカの有名プロデューサーとの契約話が
持ち上がり…。

*****
イ・ホンギはとてもハマり役。曲も映画に合っていてよかったです
日本で来日会見した日、空港に大勢のファンが集まったそうですが、
彼自身は何も知らされておらず、まったくの普段着だったそうで^^;
空港にいるファンを見て心底ビックリしていたと聞きました(笑)。

バンドの写真ですが、一番左にいる子は誰でしょう?
ちょっと小さくて分かりづらいかもしれませんが。

屋根部屋のプリンス』で子供時代のパク・ハを演じているチョン・
ミンソでした。『屋根プリ』の頃より一気に成長したように見えます

個人的には、このチョン・ミンソ演じるハウンと両親の葛藤に泣けて
きました。
幼いヒムチャンと母親のシーンも。愛しい我が子を残してこの世を去る
母親の気持ちを想像しただけで胸が痛みます。
どちらも、親と子の深い愛情を感じずにはいられません。

私は、母親の壮絶な抗がん剤治療を二度に渡って目の当たりにしました。
だから、この映画にはとても考えさせられるものがありました。
たとえば今、自分が余命宣告されたとして、どういう選択をするのか。
まったくわかりません。
苦しくても延命治療をして少しでも長く生きるのか。
苦しい治療をやめて、最後まで好きなことをして過ごすのか。
映画を見ると後者のほうが幸せな気もしますが、でもヤッパリ結論を
出せそうにはありませんでした。

オススメ度 ★★★☆☆

<<新しい記事 
セリのチヂミが美味しい『美名家』はトイレの鏡も最高♪
  前の記事 >>
■販売数100万個を突破したブースター美容液♪

おすすめ記事と広告

-韓国映画

Copyright© 韓美生活 , 2021 AllRights Reserved.