韓国映画

韓国映画『犯罪都市』

投稿日:

『タクシー運転手~約束は海を越えて~』と同様、昨年韓国でヒットした『犯罪都市』も日本で公開されます。

 
『犯罪都市』(2017年/韓国/121分)
韓国映画 犯罪都市 マ・ドンソク ユン・ゲサン
(C)2017 KIWI MEDIA GROUP & VANTAGE E&M. ALL RIGHTS RESERVED

2018年4月28日(土)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほか公開

詳しいあらすじや公開情報等は公式HPを御覧ください。

 

映画あらすじ

『タクシー運転手』と同じく、こちらも実話を基に描いた作品。

マ・ソクト(マ・ドンソク)は強力班のコワモテ刑事。犯人からナイフを向けられてもひるまない。
組同士の抗争でさえ、互いに上手くやっていくよう、ボスの仲を取り持とうとする。

そんなとき、中国から現れたのが黒竜組。

残酷な黒竜組のチャン・チェン(ユン・ゲサン)
韓国 映画 犯罪都市 ユン・ゲサン
チャンは毒蛇組を乗っ取り、街で傍若無人な振る舞いを始める。

ソクトら強力班はチャンたちを一網打尽にすべく計画を練るが―。

 

■アレヨアレヨと言う間に大ヒット!

公開前、この映画がヒットすると思っていた人は多くなかったと思います。
ところが公開されると、徐々にマブリー(ラブリーなマ・ドンソク)人気で観客動員数がジワジワ伸びていくという。

『タクシー運転手』は昨年第1位の興行成績でしたが、こちらは第4位を記録!
大作『韓半島』を抑えての4位はすごいと思います。

【2017年 韓国映画 興行ランキング】

1位 タクシー運転手 / 1,220万人
2位 神とともに / 854万人
3位 共助 / 782万人
4位 犯罪都市 / 688万人
5位 韓半島 / 660万人

少し前の『ザ・キング』は530万人の観客動員数で7位にランクイン。

華やかさのある『ザ・キング』より泥臭さい『犯罪都市』がヒットするとは―。
面白いものを作ると見てもらえる。『犯罪都市』がそれを証明した感じですね。

映画の基になったのは、2004年の中国朝鮮族の暴力団員を一斉摘発したときの出来事。
資料によると、一般店舗のオーナーに対して韓国系中国人が日常的に暴力行為を行っていたとのこと。

このときに警察が一斉摘発に乗り出したようですが、日本では“冬ソナ”ブーム真っ盛りという頃ですよね。
大勢のヨン様ファンが渡韓していた時期、一方でそんなことが起きていたとは驚きました。

丸刈りのキャラクターが何人か登場するので、最初は顔の判別がしづらいですが勧善懲悪の娯楽映画。見たあとはスカッとします!

オススメ度 ★★★☆☆

新感染 ファイナル・エクスプレス [Blu-ray]
  みんながマブリーに釘付け♪

 

<<新しい記事 
<ソウルの朝食> 優しく迎え入れてくれる食堂でキンパ@ソウル乙支路
  前の記事 >>
韓国映画『タクシー運転手~約束は海を越えて~』

-韓国映画

Copyright© 韓美生活 , 2018 AllRights Reserved.