韓国映画

■韓国映画『フィッシュマンの涙』

投稿日:2016年12月19日 更新日:

ソウルにいたため投稿できませんでしたが、先週末から異色の
韓国映画『フィッシュマンの涙』が日本でも公開されています

『フィッシュマンの涙』
(原題:『突然変異』2015年/韓国/92分)
フィッシュマン-メイン
©2015 CJ E&M, WOO SANG FILM

12月17日(土)よりシネマート新宿、HTC渋谷ほか公開
詳しいあらすじや公開情報等は公式HPをご覧ください^^

どこにでもいる平凡なフリーター青年のパク・グ(イ・
グァンス)は製薬会社の被験者に。新薬を飲んで寝るだけで
謝礼をもらえるはずだったが―

翌朝、原因不明の副作用で「魚人間」に突然変異
フィッシュマン-サブ6

女友達のジン(パク・ボヨン)に助けを求める
フィッシュマン-サブ1
ジンは自分が注目を集めたいがため、“魚人間の恋人”と称し、
彼の身に起こった出来事をネット上に投稿してしまう。

記事を知ったテレビ局の見習い記者サンウォン(イ・チョニ)
フィッシュマン-サブ2
彼は正社員への昇格をかけて、パク・グの独占密着取材に
意欲を燃やす。事件はあっという間にトップニュースとなる。

臨床実験の責任者だったピョン博士は弁明するが―
フィッシュマン-サブ3
製薬会社の非道な実態を知った国民の怒りは爆発。

注目を浴びたパク・グは、就職難で困窮する若者たちの
ヒーローとなり、社会的シンドロームを巻き起こしていく。

やがて製薬会社に闘いを挑むことに
フィッシュマン-サブ4
正社員になりたいサンウォンと、賠償金を狙うパク・グの
父親、ネットを賑わすジン、人権派弁護士が動き出す―。

*****
かつて『エレファント・マン』という映画がありました。
悲しい映画でしたが、今度は韓国で『フィッシュマン』。
一見、コメディかと思いきや、こちらも物悲しいです。
どちらも残酷さでは共通しています。

就職先も金もないパク・グ
地方大学出身で肩身の狭いサンウォン
多額の賠償金を狙う父親
人権派弁護士といいながら、実は風見鶏の弁護士
まずは注目されたいジン

みんな生きるのに必死。

そして人命までもを犠牲にして完成した医薬品は、富裕層の
元へ流れていく。
高額ゆえ一般人にはとても手が出ないという皮肉。

チェ・スンシル事件、ロッテお家騒動、ナッツリターン…。
そんなニュースの主役たちだけが手に入れられるわけですね。

本作の演出や表現は滑稽でも、そんなゾッとする社会を
しっかりと描き出しているように思いました。
「貧乏人は平凡な人生さえ送れない」
今の韓国社会はその一言に尽きるのでしょうか。

人魚ではなく魚男
フィッシュマン-サブ7
ルネ・マグリットの「共同発明」がヒントになったそうです。

オススメ度 ★★★☆☆

チャレンジャーなイ・グァンスはこちらでも難役を熱演!

<< 前の記事
■寒いソウルから帰国しました~!!
次の記事 >>
■ドーンと鶏肉が入ったタッコムタン@ソウル鐘路5街

-韓国映画

Copyright© 韓美生活 , 2017 AllRights Reserved.