韓国映画

韓国映画『夜の浜辺でひとり』

投稿日:

ベルリン国際映画祭でキム・ミニが主演女優賞に輝いた『夜の浜辺でひとり』。来週16日(土)より日本でも公開されます。

 
『夜の浜辺でひとり』(2017年/韓国/101分)
韓国 映画 夜の浜辺でひとり ベルリン国際映画祭
© 2017 Jeonwonsa Film Co. All Rights Reserved.

2018年6月16日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー

詳しいあらすじや公開情報等は公式HPを御覧ください。

 

映画あらすじ

女優ヨンヒ(キム・ミニ)は不倫に疲れ、ドイツのハンブルクにやってきた。韓国から会いにくると言っていた恋人の言葉に期待していたが―。

時は流れ、ヨンヒは帰国
韓国映画 夜の浜辺でひとり ベルリン国際映画祭 主演女優賞
東海岸の江陵を訪れ、先輩のジュニと(ソン・ソンミ)や、昔なじみのチョンウ(クォン・ヘヒョ)、ミョンス(チョン・ジェヨン)と飲みに行く。

焼酎とマッコリととどめない会話。ときに攻撃的になるヨンヒを皆は温かく受け止める。

女優復帰を考え始めたヨンヒはひとり、ホテル傍の浜辺を訪れ、砂浜に横たわる。
そこで付き合っていた映画監督(ムン・ソングン)が次回作の撮影で江陵に来ていると知り―。

 
*****
ホン・サンス監督と主演女優キム・ミニのドキュメンタリー的な作品かと思っていました。実際、自虐的なセリフも少なくない(笑)。

ただ、作品で描かれているのは孤独な女の日常。
ヨンヒに限らず、出てくる人たち皆、どこか満たされていない。

まったく飾り気のないシンプルな演出に、矢のように降り注ぐ言葉。
酒が進むにつれ、感情をむき出しにするヨンヒから感じ取れるのは、言葉にはできない寂しさ。

娯楽映画ではないけど、不思議な演出が妙に気になる1本でした。

 
オススメ度 ★★★☆☆

ヘウォンの恋愛日記 [DVD]
  こちらも見ておくと、より楽しめそう。
<<新しい記事 
美味しすぎてご飯が止まらない! 地元の人たちと並ぶローカル食堂@台北・忠孝復興
  前の記事 >>
韓国映画『それから』

おすすめ記事と広告

-韓国映画

Copyright© 韓美生活 , 2018 AllRights Reserved.