韓国映画

韓国映画『ハード・ヒット 発信制限』

投稿日:

 

今週末から日本で公開される『ハード・ヒット 発信制限』
見ると分かるけど、猛スピードの車が釜山の繁華街を走り抜けていく。ハラハラドキドキを通り越して、ド派手な映像に目を引きつけられた。

 
『ハード・ヒット 発信制限』
 (原題:『発信制限』/2021年/韓国/94分)
映画 韓国映画 ハード・ヒット 発信制限 チョ・ウジン チ・チャンウク
©2021 CJ ENM, TPS COMPANY ALL RIGHTS RESERVED

2022年2月25日(金)よりシネマート新宿ほか全国ロードショー

詳しいあらすじや公開情報等は公式HPをご覧ください。

 


 

映画あらすじ

銀行の支店長そていて働くソンギュ(チョ・ウジン)は毎朝、車で子どもたちを学校へ送り届け、職場へと向かう。それはいつもと変わらない、ごく当たり前の日常のはずだった。

ところが、一本の電話が彼の運命を一変させる。
かかってきた電話は「発信番号表示制限電話(非通知電話)」。声の主がソンギュに告げる。
「車に爆弾を仕掛けた。車から降りようとすれば、仕掛けた爆弾が爆発するだろう」

イタズラ電話と思っていたソンギュだが、目の前で同僚の車が大爆発。
その事故で、社内にいたソンギュの息子ミンジュン(キム・テユル)が足に大怪我を負う。

 
自分自身が人質であることに気づいたソンギュ
映画 韓国映画 ハード・ヒット 発信制限 チョ・ウジン チ・チャンウク

娘のヘイン(イ・ジェイン)は弟のミンジュンの手当をしながらも恐怖に怯える。
車を降りても、警察に通報しても爆破するといった状況で、ソンギュは要求された金額を用意しようとする。

 
一方、妻のヨンス(キム・ジホ)は-
映画 韓国映画 ハード・ヒット 発信制限 チョ・ウジン チ・チャンウク

警察に通報しようとする。

 
釜山市内を暴走するソンギュの車を追いかける警察
映画 韓国映画 ハード・ヒット 発信制限 チョ・ウジン チ・チャンウク

 
ついに海雲台のビーチで警察に囲まれる
映画 韓国映画 ハード・ヒット 発信制限 チョ・ウジン チ・チャンウク

 
だが犯人の策略で思いがけない展開に-
映画 韓国映画 ハード・ヒット 発信制限 チョ・ウジン チ・チャンウク

ソンギュと車はもはや制御不能な状態に陥っていた。

 
*****
韓国では昨年の6月後半に公開され、95万人の観客道を動員。コロナ禍という状況と、主演がチョ・ウジンってことを考えると善戦したのでは。

圧巻なのは、真っ昼間から釜山の亀南路から海雲台ビーチにかけて車を猛スピードで走らせていること。もちろんCGではなく、きちんと撮影している。
簡単ではなかったようで、撮影スタッフたちが3ヶ月もかけて商店や建物の所有者、住人たちから許可を得たそうで。
そうした努力の甲斐あって、迫力のあるシーンを撮影できたという。
釜山に行かれたことがある方は「えっ!? こんなところでも撮影したの?」と驚くと思う。

主な舞台は“車内”ってことになるけど、場所が釜山だから救われる。
あっという間の94分だった。

 
オススメ度 ★★★☆☆

スピード (字幕版)
 こちらはバスが爆発するという設定だった。懐かしすぎる(涙)。
<<新しい記事 
有名パティシエの辻口博啓氏が考案したお菓子が美味しくってオススメ♡
  前の記事 >>
箱の中で可憐に咲いている!? 美しいショコラのお花畑

おすすめ記事と広告

-韓国映画

Copyright© 韓美生活 , 2022 AllRights Reserved.