その他映画

■映画『クロサワ映画2011~笑いにできない恋がある~』

投稿日:2011年11月25日   

なんだかスゴイ邦画を観てしまいました。
“クロサワ映画”って言っても黒澤監督作品ではありません。森三中の
“黒沢かずこ”主演の映画です(笑)。相手役はコン・テユ君。思えば、
このブログを始めたばかりの頃、彼の写真をUPしましたね。
この際、“黒澤映画”だろうと“クロサワ映画”だろうと、どっちでもいい。
クリスマスも近いことですし、笑いたっぷりのハートフルラブストーリーを
楽しんでいただきたいです!

クロサワ映画2011~笑いにできない恋がある~』  (日本)
クロサワ映画2011:メイン
(C)吉本興業/フジテレビジョン

いよいよ明日11月26日(土)より新宿バルト9ほか全国で公開されます!
配給:ファントム・フィルム
監督:渡辺琢
出演:黒沢かずこ、椿鬼奴、光浦靖子、大久保佳代子
公式HP

この映画を観て思い出しました。20代の頃に経験した、カレ氏のいない
クリスマスを。

カレ氏がいない時期、来てほしくないのが「X’mas」と「バレンタイン」と
「自分の誕生日」。
特にクリスマスはジングルベルを聞くたび暗澹たる気持ちに…。
クロサワ映画サブ1
一年で一番happyでいたい夜はこんなカレ氏がいないと一転。一年で
一番悲惨な夜に…。

当時、某女子寮に住んでいた私は同じくカレ氏のいない女友達らと4人で
集まり、この寂しい日を過ごしたのでした

ビールをたらふく飲んでおきながら、用意していたX’masケーキだけは
お約束のように食べるという悲しさ。飲みすぎた一人が「気持ち悪い…」とか
言い出すし(汗)。
近くに海があったら間違いなく「バカヤロー!」と叫んでいたに違いない
最悪の状況

そして、これまたお約束。「やっぱり男より、女の友情よね!」とか言って
みたり…。実は誰もそんなことは思ってないくせに。

しかも「アタシたち、来年のクリスマスも一緒よ!」って。
そんなのイヤに決まってる><
誰もが内心「来年こそはカレ氏と楽しいクリスマスを…」を祈りつつ、
とりあえず笑顔で女同士の熱い友情を確認。このメンバーから一番に
抜けることを夢見て(笑)。

…と、かなりイタイ思い出がよみがえったけど、それもまた自分の人生の
一部。だから、この映画にも共感できる部分があるのでした^^
この映画、カレ氏のいない女子は恋をしたくなるかも~
クロサワ映画サブ2
カレ氏がいてもいなくてもいい。
心がポカポカだったら、それが一番

<<新しい記事 
■「とんちゃん」で美味しいサムギョプサル@池袋
  前の記事 >>
■スノースプーンでおいしいヨーグルトアイス@ソウル弘大入口

おすすめ記事と広告

-その他映画

Copyright© 韓美生活 , 2020 AllRights Reserved.