その他映画

■韓国映画『太陽の下で-真実の北朝鮮-』

投稿日:2017年1月21日   

以前、テレビでこの映画が紹介されたとき、とても興味深く
思わず見入ってしまいました。
…が、日本で公開されることはないと思っていました。

ロシアの映画監督がそれこそ命がけで撮った…というか
隠し撮りした北朝鮮のドキュメンタリー映画『太陽の下で
―真実の北朝鮮―』

貴重な作品ゆえ、注目度がとても高く、プレス試写会は
満員御礼でした。
いよいよ、今日から劇場公開されています。

『太陽の下で-真実の北朝鮮-』
 (原題:『V paprscích slunce』2015年/チェコ、ロシア、
     ドイツ、ラトビア、北朝鮮合作/110分)
『太陽の下で』メイン
© VERTOV SIA,VERTOV REAL CINEMA OOO,
HYPERMARKET FILM s.r.o.ČESKÁ
TELEVIZE,SAXONIA ENTERTAINMENT GMBH,
MITTELDEUTSCHER RUNDFUNK 2015

1月21日(土)、シネマート新宿ほか全国ロードショー

詳しいあらすじや公開情報等は公式HPをご覧ください^^

本作は、ロシアの監督が“ありのままの北朝鮮”を撮影しようと
カメラを回したもの。

8歳のジンミは模範労働者の両親と共に平壌で暮らしている
太陽の下で_サブ2
父親は縫製工場のエンジニア。母親は乳製品工場の職員。
…というのは、北朝鮮当局による設定で、この家の食器棚にも
何も入っていなかったと監督は違和感を暴露している。

すべて北朝鮮政府による過度な演出であり、監督はこの国の
“リアルな日常”を収めようと、密かにカメラを回すことに。

こうしてカメラの電源を入れたまま街中に出てみると、偽りの
イメージは完全に崩壊。
北朝鮮の人々が、日常まで完全に演出されていることが
浮き彫りに。

ジンミは幸せなんだろうか?
太陽の下で_サブ1
最後にジンミが見せた表情がすべてかもしれない。

*****
誰が名付けたのか、中国で北朝鮮の金正恩は「三代目のデブ」と
呼ばれているとか。
初めてそれを知ったとき、かつて泰葉が春風亭小朝につけた
「金髪ブタ野郎」というネーミングに匹敵するのではないか
と思った。

本作は韓国映画ではなく、そんな三代目のデブの国“北朝鮮”の
ドキュメンタリー映画。

撮っているのはロシアの監督でも、演出しているのは北朝鮮
当局。その過度な演出があまりにも稚拙で、本作は冒頭から
違和感の連続。

食事のシーンではご丁寧に、父親がジンミにキムチの効能を
説明している。
「200gのキムチと700mlの汁を摂ると一日に必要なビタミンの
半分を摂取できる。おまけにキムチは老化防止とガン予防に
効果的」と。

「知っているよ~」と答えるジンミ。

父親の「ジンミはよく読書しているからな」の一言で一同、
大爆笑!

そう、このシーンは一応、笑うところ(笑)。

これを何度も練習させられ、シーンを撮り終えると、おかず
盛りだくさんの豪華な食卓はさっさと片付けられる。
なんとも事務的で、その様子のほうがよほど面白い。

こんな調子で、業を煮やした監督が隠し撮りを始めるが、
私たちがまず知ることのできない光景が映し出されているので
貴重な1本といえるかも。

娯楽映画ではないので、気軽に「オススメ」とはいえないけど
見る価値はあります。

政府によって統制されている北朝鮮と、大統領が職務停止に
なっている韓国。
同じ朝鮮半島ゆえ、どちらにも“ヘル朝鮮”って言葉が
当てはまっちゃうあたり皮肉だなーと思いました。

オススメ度 ★★★★☆

この作品から16年―

最近、報道で目にする北朝鮮兵士は痩せっぽちばかりだなー。

<<新しい記事 
■早朝から列に並んで油飯弁当を購入@台北・大橋頭
  前の記事 >>
■韓国映画『キム・ソンダル 大河を売った詐欺師たち』

-その他映画

Copyright© 韓美生活 , 2018 AllRights Reserved.