台湾のパン

台湾で感じた二つの不思議

投稿日:2014年1月11日   

今回、台湾旅行で不思議に思ったことが二つある。

二つ目はちょっと汚い話になるので、そういうのが不快な方は見ないようお願いしたい♪

 
一つ目は以前から書いているパンカステラの柔らかさ♡

本当にフワフワで大好きなんだけど、どうやって焼いたらこんなに柔らかくなるのか不思議!

 
「寧夏夜市」130番の『旺來蛋糕』」 戚風蛋糕(シフォンケーキ)
寧夏夜市-カステラ
小サイズ 50元(約170円)

屋台のアジュンマは「カステラ」と言っていたけど、ふわっふわのシフォンケーキ。しかも「大サイズ」と思っていたら、これで「小」とか(笑)。

 
カステラでもシフォンケーキでもどちらでもいいw
寧夏夜市-カステラ1

 
買った翌日はこんな感じ↓
寧夏夜市-カステラ2
ほんのりと甘くて、とにかくフンワリと軽い♡

私は卵くさいケーキが苦手なんだけど、そういう卵くささも一切なく、すごく食べやすい。しかもこの感触が気持ちいい~♡

 
そして買った3日後も・・・
寧夏夜市-カステラ3
全然パサついていない。フワフワなままで反対に怖い(笑)。

ほんの少しだけ翌日まで残してみたけど、4日後も買ったときと同様のフンワリ感が残っていて美味しく食べられた。なんでだろ。疑問しか残らない(爆)。

この『旺來蛋糕』のシフォンケーキに限らず、台湾で買うパンやケーキって生地がフワフワしていて本当に美味しい。どうしてこんなに柔らかくてシットリしているのか。毎回、不思議で仕方ない。

 
ちなみに、一番人気はチーズケーキだそう。

 
この日、残っていたのは威風蛋糕(シフォンケーキ)のみ(涙)
寧夏夜市-カステラ屋台2
水果蛋糕(フルーツケーキ)も完売していた。

この屋台は早い時間帯に行かないとシフォンケーキも売り切れちゃうみたい。

 
この状態で潰れないよう手荷物にして日本に持ち帰り♪
寧夏夜市-カステラ屋台3
次回はぜひチーズケーキを持ち帰りたいなー。

 


 
そしてもう一つの不思議は…。

汚い話になるけど、今回、Facebookのコメント欄でも話題になった。
滞在中、驚くほど便通が良かったという話。

単なる快便じゃないw
これまで経験したことがないほど心地よい便通とでも言おうか。

たぶん、宿便も出たんじゃないかなー。そう思えるほどの量だった。
これは私だけでなく、一緒に旅行したオット君も同じことを言っていて、あまりの快便に感激しながら帰国。こんなことは初めて♪

Facebookのコメント欄にそのことを書いたところ、「うちの家族もみんな便通がよくなった」とか「私も台湾に行くと大量に出ます」とか、そういったコメントが続いた。

私だけじゃないし、もはや気のせいではないってこと!
今のところ理由は分かっていないけど、現地の「水」ではないか?と考えている。

また「台湾に行くとストレスフリーだから」という意見もあるけど、本当のところはよく分かっていない。
「台湾に行くとお通じが良くなる!」この理由をご存知の方がいたらぜひ教えていただきたい。
そのうち「台湾旅行で自然に腸内洗浄!」っていうのがトレンドになる日が来るかもね。

 

店舗情報

旺來蛋糕
住 所:台北市大同區寧夏路2號 寧夏夜市130番(地図
営 業:夕方~
定休日:日曜は出ていたけど不定休アリ
最寄駅:淡水信義線松山新店線「中山駅」5番出口から徒歩12~13分ぐらい。「雙連駅」1番出口からも同じぐらい。

―行き方―
「中山駅」5番出口を出たら右方向へ。南京西路をずぅーっと直進。歩道橋を2つ通り過ぎてもまだ直進。五叉路みたいなところに出たら右折すると「寧夏夜市」。

 
進んでいくと夜市の屋台が始まる♪

 
屋台の通路に入ってすぐ左側に『旺來蛋糕』
寧夏夜市-カステラ屋台1

<<新しい記事 
台湾でのWi-Fi「コンビニでプリペイドを購入」
  前の記事 >>
迪化街で大好きなドライトマトと椎茸チップを購入!

おすすめ記事と広告

-台湾のパン

Copyright© 韓美生活 , 2019 AllRights Reserved.