小籠包

■高級店だけど少し微妙だった小籠包? @台北・中山

投稿日:2016年6月5日   

日曜日の今日は台湾ネタを

台湾といえば、やっぱり「小籠湯」ですよね。

この小籠包も美味しかったです[emoji:i-277]
金品茶樓-小籠湯包1
ガイドブックにもよく載っている「金品茶樓」
金品茶樓-外観
ワタシ的には高級店です

もちろん日本語メニューあり[emoji:i-220]
金品茶樓-メニュー
小籠包だけでもたくさんありますね[emoji:i-190]

まずは鶏肉入り塩味スープ
金品茶樓-スープ1
170元(このときのレートで約620円)

そして小籠包
金品茶樓-小籠湯包2
8個/160元(約580円)

同時に高菜と豚肉入りチャーハン
金品茶樓-チャーハン1
180元(約660円)

豆苗炒めも…
金品茶樓-豆苗炒め
240元(約880円)

オーダーした料理がすべて、ほぼ同時に出てきちゃいました

1品ずつ出してほしいとは言わないけど、安い食堂じゃないし。
もう少し何とかならなかったのでしょうか。
一気に出てくると、当然、何かを食べている間に小籠包は
冷めてしまう
小籠包を先に食べれば、ほかの料理が冷めていく。
少しでいいから時間をズラして出してほしかったなー

高菜と豚肉のチャーハンは思っていた味と違っていました
金品茶樓-チャーハン2
高菜は日本で私がよく食べる高菜漬けではなく、漬けていない
高菜を使用しているため、かなり薄味。
豚肉や卵と炒め合わせ、軽く塩味がする程度です。少し
物足りないけど、薄味なので高菜本来の味が感じられるし
思ったより量を食べられちゃう[emoji:i-280]

鶏の塩スープも薄味
金品茶樓-スープ2
生姜の味が効いていて、日本人の好きな味。鶏だしがよく
出ています。本当に味が薄いけど、だから柔らかな鶏の旨みが
引き立っているのかも。

鶏肉の表面が少し黒ずんでいたのは、鳥骨鶏のような種類って
ことでしょうか。見た目の問題だけど、鶏肉は高い安いに
関係なく、黒くないほうがいいかも

小籠包はフツーに美味しい
金品茶樓-小籠湯包3
「肉汁爆弾」というほどじゃないけど、ジワジワーッと肉汁が
出てきます。

ただ、少し時間をおくと皮の上部がかたくなっちゃいます。
これまで台湾で美味しい小籠包をたくさん食べてきたので、
ここが特別オイシイという感じはしなかったかな。

豆苗炒めもフツーに美味しかったです。オーダーした料理の
中で一番高いのにはビックリでしたが。

なんだろ…。一気にダーッと出されたせいか、一品一品の
料理の印象が薄くなっちゃって、それが残念でした

通常10%のサービス料がかかるようですが、クーポン
提示したので、その分はOFFになりました。
「鼎泰豊」でも10%のサービス料がかかりますが、サービスの
クォリティは「鼎泰豊」ほどではないと思います

金品茶樓
住 所:台北市長春路16號(地図
電 話:02-2511-7506
営 業:11:00~14:00、17:00~21:00 年中無休
最寄駅:淡水線松山新店線「中山站」3番出口より徒歩7~
    8分

―行き方―
駅3番出口を出たら直進。一つ目の大きな交差点で横断歩道を
渡り、左折。直進します

右手「LOUIS VUITTON」を通り過ぎて…
金品茶樓-行き方1
右手「GUCCI」の角を右折
金品茶樓-行き方2
歩いて行くと右手にお店があります

結局、炒飯を少し残してしまい、テイクアウトに
金品茶樓-チャーハン3
台湾に限らず、韓国もだけど、こうしてすぐテイクアウト用に
包んでもらえるのが嬉しいですね

<< 前の記事
■韓国映画『王の運命―歴史を変えた八日間―』
次の記事 >>
■<今日の一杯> 気になっていた鶏うどん@ソウル東大門

-小籠包

Copyright© 韓美生活 , 2017 AllRights Reserved.