日本ミュージカル&演劇等

涙のミュージカル『エリザベート』2022

投稿日:

 

年々、チケットが取れなくなっているミュージカル『エリザベート』
自力で取るのは諦め、今回もチケットをお願いすることに。
3回分の席を押さえてもらった。本当にありがたい(涙)。

だが、そのうち1回分はお世話になっている作家先生にお譲りすることにw
先生からはすごく感謝された。

 
そして私は今月いよいよ帝劇へ!
ミュージカル エリザベート 帝国劇場 休演 千穐楽

 
この日のキャスト
ミュージカル エリザベート 帝国劇場 休演 千穐楽 キャスト

愛希れいかのシシィも山崎トートも初めてで、新鮮な気持ちで観た。
このときは「あと1回、観に行ける」と思ってたのよ。思ってたんだけどね…(涙)。

 
感想をザックリ言うなら、私は山崎トートが苦手だった。これは好みが分かれるところ。

 
このヘアメイク、やりすぎだよw
エリザベート 休演 千穐楽 山崎育三郎 トート 愛希れいか

しかも似合ってない。…と思う。
紫のロン毛にカラコン。身長とのバランスを考えたら、ロン毛じゃないほうがよかったんじゃないか。
カラコンを入れたメイクの感じはROLLYに見えなくもなかった。

歌はさすがに上手いけど、かなり歌い上げる感じで、自分の歌声に酔っているようにも見える。なんか人間っぽいトートだった。黄泉の帝王っぽくない。歌唱は落ちても古川トートのほうが好きかも。

 
一方、愛希れいかのシシィは序盤、歌がイマイチ?とガッカリしたが、どんどん良くなっていった。
特に、自分の美貌に気づき、自信を取り戻していくあたりの演技が上手い。
1幕の終盤では貫禄あるシシィになり、すごくシシィの人生の変化を感じられた。

2幕はさらに良くなって、年を取り、衰えていく演技も素晴らしかった。
ルドルフの絡みと、ルドルフ亡きあとの悲しみは、お花様よりもっと引き込まれたというか。
ルドルフの遺体と対面するシーンで、黒いベールの下で激しく泣いている愛希シシイの姿にもらい泣きした。

お花様より長身で痩せているせいか、終盤の痛々しさというか、その演技はもしかしたらお花様以上に心をつかまれたかも。
歌では若干の物足りなさはあったけど、人間味のあるシシィだった。

 
そして! 上山ルキーニ。
以前の上山ルキーニとは全然違っていて、すっごく良かった。
韓国版のパク・ウンテが神ルキーニで、それと比べるとまだまだ足りないんだけど、上山ルキーニも癖のあるルキーニになってた。
成河とか、今までいろんなルキーニがいたけど、上山ルキーニも好きになった。

 
シュガーのフランツ・ヨーゼフは安定してた。この役はやっぱりシュガーよね。

この日は、結婚前のシシィとのデュエットから泣けた。
2人が幸せだった、最初で最後のシーンよね。結婚してから2人はすれ違っていくわけだから。
そう思って観てたら悲しくて泣けてきた。

同じメロディーで、最後に「寄り添いたい」「2つのゴールよ」と別々の方向を見ている二人。切ない。
ここでも愛希れいかのやつれた感じが半端なかった。

 
今週はお花様と古川トートの予定だった…
エリザベート 休演 千穐楽 古川トート お花様

なのに、コロナで休演とのこと(号泣)。
結局、3公演もチケットを取ってもらっていたのに、観られたのは一度きり。

今はチケットを持っていても観劇できるとは限らない。
そして本日、27日(日)の千穐楽までの中止が決まった(涙)。

「カッコつけて、先生にチケットを譲らなきゃよかった!」
本気でそう思っている自分がいる。

<<新しい記事 
ちょっと早いプチ忘年会で鮟鱇鍋のコースを楽しんだ@入谷
  前の記事 >>
数年ぶりのT-moneyに妙な緊張を覚えながら地下鉄に乗車@金浦空港

おすすめ記事と広告

-日本ミュージカル&演劇等

Copyright© 韓美生活 , 2022 AllRights Reserved.