韓国映画

韓国映画『痛み』

投稿日:2012年2月10日   

前回、チョン・リョウォンが来店するお店『パンケーキ ストーリー』について書いた。

そのチョン・リョウォンとクォン・サンウ主演の韓国映画『痛み』がいよいよ明日から日本でも公開される。
『友へ チング』のクァク・キョンテク監督の作品。女性目線だと、好きか嫌いか好みがハッキリ分かれる監督かもしれないけど、私は結構好き。

 
『痛み』
痛み~メイン
(C)2011 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

2012年2月11日(土)よりシネマート新宿・心斎橋ほか全国で順次ロードショー!!

詳細はコチラの公式HPをご覧ください。

 


 

映画あらすじ

ナムスン(クォン・サンウ)は子供の頃の事故の後遺症で痛みをまったく感じない。

 
借金の取立てをする毎日―
痛み~サブ1

一方のドンヒョン(チョン・リョウォン)は露店でアクセサリーを売りながら暮らしている。彼女は少ない稼ぎで、父親の借金を懸命に返すのだった。
明るく振舞っているが、ドンヒョンは実は血友病患者。ちょっとした痛みや出血が彼女には致命傷になる。

やがてナムスンがドンヒョンに借金の返済を迫り、二人は知り合う。
いつしか惹かれ合う二人。

 
ナムスンはドンヒョンが血友病患者であることを知り―
痛み~サブ2

ちなみに、上記↑のあらすじで、男性と女性の名前が反対なのでは?と思われる方がいるだろうが、これは間違っていない。

あくまでもクォン・サンウ演じるのがナムスン。リョウォンがドンヒョン。
男性と女性の名前がひっくり返っているようだけど、その理由は映画の中で明かされる。

 
*****
今も発展を遂げている韓国社会。その底辺にいる人たちの切ない愛が描かれている。

現実の世界でも、世の中って不公平だなーって思うことがたまにある。
人は生まれながらにして平等であるはずなのに、現実には決してそうじゃなかったり。
ナムスンとドンヒョンもささやかに暮らしたいと願うのにそれさえも叶わない…。何だか、やりきれない思いがした。

『天国の階段』でバスを追いかけて走るクォン・サンウは素敵だったが、本作のどこを見てもカッコいいクォン・サンウは見当たらない。
不器用で武骨。それでいて少し天然(笑)。こういうキャラも意外と新鮮。

「クォン・サンウのこの表情、どっかで見たことある。デジャヴ…」と思っていたら、幾つかのシーンで『息もできない』のヤン・イクチュンの表情とかぶっていることに気づいた。髪形も一緒だし。
「オレは舌が長い」なんてセリフもあった(笑)。

そして相変わらず、折れそうなほど細身のチョン・リョウォン。
ドンヒョンというキャラに合っていたのはもちろん、細いせいか普通に掃除しているだけでやたら健気に見える。
「守ってあげたい」と思わせるのは、ヤッパリ細身の女性の特権だと思う。
病院のベッドで寝ている姿も妙にリアルだったし。今思うとナイスなキャスティングだったかも。

特別出演のキム・ミンジュンもかなりオイシイ役どころ。
途中からストーリーの展開がある程度予想できるものの、それでも最後まで引き付けられた。

あいつが泣くから心が張り裂けそう…。

オススメ度 ★★★☆☆

<<新しい記事 
金とEGFで目元を元気に!
  前の記事 >>
芸能人がお忍びで訪れる人気カフェ@ソウル漢南

おすすめ記事と広告

-韓国映画

Copyright© 韓美生活 , 2020 AllRights Reserved.