韓国映画

■韓国映画『ワンドゥギ』

投稿日:2012年4月28日   

いよいよGWに突入の今日、イチオシの映画が公開されます!!
映画『ワンドゥギ』。
韓国では530万人もの観客を動員した大ヒット作ですね。
韓国エンタメが好きな方はもちろん、特に韓国映画に興味のない方にも
ぜひ見ていただきたい作品です^^

3分に1回…いや、2分に1回ぐらい。シーンによっては1分に1回の
ペースで笑わせてくれた映画。けれど途中でホロリとさせられたり…。
見終わったら心が温かくなりました。こういう映画は何本でも見たい

『ワンドゥギ』 2011年 韓国
ワンドゥギ_メインs
©2011 CJ E&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED

本日4月28日(土)より新宿武蔵野館にてロードショー
シネマート心斎橋ほか名古屋や札幌でも公開予定
公式HPはコチラから!

ドラマ『トキメキ☆成均館スキャンダル』のユ・アインが演じるワンドゥク
ワンドゥギ_サブ1s
貧しい家庭に育った高校生。勉強はできないけれどケンカは強い。そんな
彼は母親の存在を知りません。

ワンドゥクと一緒に暮らすのは身体に障害を持った小柄な父親と、少し
変わった叔父さん。
ワンドゥギ_サブ2s
そして最悪なことに、隣の屋根部屋にはワンドゥクの天敵ともいえる
教師ドンジュが住んでいます。朝から晩までワンドゥクを罵り、思いきり
干渉してくるドンジュ。
ワンドゥギ_サブ3s
ワンドゥクの願いはただ一つ。「ドンジュが目の前から消えること」(笑)。
教会に行ってまで「頼むからクソドンジュを殺してください」と切に
願っています。
ワンドゥギ_サブ4s
そうと知らないドンジュはますますワンドゥクの生活の中に入り込んできて…。
何の前振りもなく、いきなり母親の消息を告げてくるし(笑)。

初めて知る母親の存在に戸惑ったり、クラスメイトが気になるワンドゥク。
ワンドゥギ_サブ5s
ドンジュからは、勉強をさっさと諦めてキックボクシングをするように
勧められます。いいのか、それで(笑)。
ワンドゥギ_サブ6
散々笑わせてくれるけど、一方で映画には韓国での外国人労働者の問題も
盛り込まれ、またドンジュも大切なことを教えてくれます。
「貧しいのは恥ずかしいことじゃない。食えるだけ幸せだと思え」と。

「今、自分を恥じていることをいつか恥じるだろう」

*****
正直、こんなに面白い映画とは思いませんでした。教師のドンジュ演じる
キム・ユンソク氏のとぼけた演技に笑いが止まらず、試写会場は賑やかな
空気に包まれました。
ドンジュみたいな教師がいたら楽しいだろうけど、自分の担任だったら
イヤかもしれない(笑)。
でも、ただのコメディと思ったら大間違いです。ワンドゥクが父親を背負って
歩くシーンや、母親に見せた愛情にグッときて思わず目頭が熱くなりました。
当たり前だけどキム・ユンソク氏は『哀しき獣』の時とはまったくの別人です。

オススメ度 ★★★★★

<<新しい記事 
■暖かいソウルから帰国しました!
  前の記事 >>
■<今日の一杯> 一番好きなインスタントラーメンは?

-韓国映画

Copyright© 韓美生活 , 2018 AllRights Reserved.