韓国映画

■韓国映画『サイコメトリー ~残留思念~』

投稿日:2013年9月7日   

まだ先のことだと思っていましたが、今日から公開!
今年も、もう9月に突入しちゃいましたねぇ~。秋は映画の季節。
いろいろな作品を楽しめたらと思います

『サイコメトリー ~残留し念~』 2013年 韓国
【サイコメトリー】メイン
©2013 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved

9月7日(土)よりシネマート六本木ほか全国で順次公開!
詳しいあらすじや公開情報等は公式HPをご覧くださいませ^^

刑事のチュンドンは立ちション中に、不思議な壁の落書きを目にする。
その後、担当区域で少女の誘拐殺人事件が発生。
そしてチュンドンは気づきます。事件現場が落書きと一致することに
落書きを書いたジュン(キム・ボム)を逮捕しようとするチュンドン…。
【サイコメトリー】サブ1
けれどジュンが特殊な能力の持ち主であることを知ります。
“物”に触れただけで残留し念を読み取る“サイコメトリー”という
能力。
【サイコメトリー】サブ2
ジュンがそのサイコメトラーと知って愕然とするチュンドンですが、
そんな中、またしても事件が発生。ジュンは犯人? それとも…。

ポスターはこんな感じ↓
     【サイコメトリー】ポスタービジュアル大
『思いっきりハイキック!』にも出演していたキム・ボムが、こんな
素敵な俳優さんになろうとは

*****
ドラマで大活躍のユビンちゃんですが、映画デビューしていたんですねぇ。
この子、本当に演技が上手で、何より可愛い~
【サイコメトリー】サブ3
でも、ひとつ不完全燃焼だったのが、このキム・ユビンちゃん演じる
ダヒの存在
ろくでもない父親と不幸な生活をしていて、事件にも巻き込まれて…。
助かっても助からなくても、この子にとっては不幸なんじゃない?と
思ったら、なんだかやりきれない気持ちになりました…。
またチュンドンも心に過去の闇を抱えているのですが、少し触れただけ。
ストーリーは面白いのにどこかインパクトに欠けたのは、全体的に
キャラの描き方が中途半端だったからかもしれません。

キム・ガンウとキム・ボム共演で、私自身はそこそこ楽しめましたが、
この二人の俳優をよく知らない人が1,800円でチケットを購入した場合、
満足度はどうなんだろ?と、率直に思いました^^;
この夏に公開された『ザ・タワー 超高層ビル大火災』や『悪いやつら』ほど
印象に残りませんでしたが、レディースデイなどでお安く観るのでしたら
行く価値はあるかと思います。

オススメ度 ★★☆☆☆

<<新しい記事 
■疲れを引きずったまま帰国しました~><
  前の記事 >>
今もまだ行列ができている人気店“杖のアイス”@ソウル仁寺洞

おすすめ記事と広告

-韓国映画

Copyright© 韓美生活 , 2019 AllRights Reserved.