韓国映画

韓国映画『ソニはご機嫌ななめ』

投稿日:2014年8月15日   

明日8月16日(土)よりホン・サンス監督の作品『ソニはご機嫌ななめ』と『ヘウォンの恋愛日記』が同時に公開される。

今回は『ソニはご機嫌ななめ』。ロカルノ国際映画祭で監督賞を受賞した作品でもある。

 
『ソニはご機嫌ななめ』
 (原題:『私たちのソニ』/2013年/韓国/88分)
ソニ_メイン

今週8月16日(土)よりシネマート新宿にて『ヘウォンの恋愛日記』と同時公開!

詳しいあらすじや公開情報等は公式HPをご覧ください。

 


 

映画あらすじ

前回の『ヘウォンの恋愛日記』の主なロケ地はソウルの西村だったけど、本作は主に安国周辺で撮影されている。
詳しくはばつ丸さんのHPをご覧になってください。
うーん…、すでになくなっているロケ地もあって、それが残念かもw

もう一つ!
明日16日(土)と23日(土)は来場者に嬉しいプレゼントがあるとか。
ぜひイベント情報もチェックしてみてください。

 
大学卒業後、姿を消していたソニ(チョン・ユミ)
ソニ_サブ1

彼女はアメリカ留学に必要な推薦状を書いてもらうため、自分に好意を寄せている教授に会いに行く。

 
それはチェ教授(キム・サンジュン)
ソニ_サブ4

ソニを気に入っていたチェ教授はすぐに快諾。

 
気を良くしたソニは偶然、元カレのムンス(イ・ソンギュン)とも再会
ソニ_サブ3

ソニはそうでもないのに、彼は未練タラタラ。
その上、今度は先輩で映画監督のジェハク(チョン・ジェヨン)とも会って酒を飲むことに…。
こうして奇妙な四角関係が始まる。

 
ソニにいいところを見せたい男たちだけど―
ソニ_サブ2

どこか不器用でマヌケ。まるでコメディw

ソニって、どこにでもいそうでいない女性。小悪魔キャラなんだけど、そうは見えない。
何を考えているのかよく分からず、だから男たちは振り回される。
しかも自分が振り回されていることに気づいていない様子がまた笑える。

 
*****
当日に脚本を渡されて、こういうシチュエーションを演じるというのが驚き。思わずこみ上げる笑いは、役者さんの力と監督の演出力によるものなのね。

それにしても、韓国人は本当にチキンが大好き♡
見終わると、間違いなくチキンが食べたくなる。

そのときは映画の半券を持って『チキンホリック』へ。
なんと料理が20%OFFになるそう。

 
オススメ度 ★★★☆☆

同じホン・サンス監督作品でもカラーの違う『ヘウォン』と『ソニ』。
皆さんはどちらがツボかしら。

<<新しい記事 
あのサムギョプサル定食のランチから早1年@目白
  前の記事 >>
韓国映画『ヘウォンの恋愛日記』

おすすめ記事と広告

-韓国映画

Copyright© 韓美生活 , 2021 AllRights Reserved.