韓国映画

■韓国映画『コインロッカーの女』

投稿日:2016年2月12日 更新日:

仁川チャイナタウンを舞台にした衝撃作が来週、公開されます

『コインロッカーの女』
(原題:『チャイナタウン』 2015年/韓国/111分)
「コインロッカーの女」メインⒸ 2015 CJ CGV Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED

2016年2月16日(火)より、ヒューマントラストシネマ渋谷
ほかにて上映

公開情報等はコチラをご覧ください^^

地下鉄のコインロッカー10番に、ヘソの緒がついたままの
赤ん坊が捨てられていた。

イリョン(10の意)と名付けられたその子は、仁川のチャイナ
タウンを支配する“母さん”(キム・ヘス)と呼ばれる女に
育てられる
「コインロッカーの女」サブ1
成長したイリョン(キム・ゴウン)は、母さんが営む闇貸金業の
一員となっていた
「コインロッカーの女」サブ2
ある日、イリョンは、父親の借金を背負うソッキョン(パク・
ボゴム)の元へ取り立てに行き、次第に彼に惹かれていく
「コインロッカーの女」サブ4
だが、母さんは返済の目処がつかないソッキョンの臓器を
密売するため、イリョンに彼の殺害を命じる…。

裏稼業を仕切る“母さん”と、その“家族”はどんな結末を
迎えるのか―。

*****
舞台が仁川のチャイナタウンだけあって、当然のことながら
美味しそうなジャージャー麺が出てきます。
…が、重要なのは、ジャージャー麺でも血縁でもなく、一緒に
食事する人たちの存在。それが、まさに“家族”なんだという
メッセージが静かに伝わってきます。
それを念頭に置いて見ると、終盤での母さんの決断と行動に
泣けてくるかも

母さん役はキム・ヘス。今までこんなぶっ飛んだヘアスタイルの
キム・ヘスを見たことがありません。
すべてがキム・ヘスじゃないみたいで驚きました

イリョン役は『メモリーズ 追憶の剣』で安藤サクラ似と書いた
キム・ゴウン。“韓国の安藤サクラ”は褒め言葉ってことで
いいと思います。

爽やかなパク・ボゴムもすごくいい。裏社会で生きる一家とは
全然違った表情をしていて、イリョンが惹かれていく展開も
説得力がありました。

終盤はとても残酷だけれど、これはある家族の物語―
「コインロッカーの女」サブ3
とても印象的な作品でした。

オススメ度 ★★★★☆

こっちも体を張っています

<< 前の記事
■「フレンドショップ」再訪でネームタグ@ソウル梨泰院
次の記事 >>
■寝不足でボロボロの肌に栄養チャージ♡

-韓国映画

Copyright© 韓美生活 , 2017 AllRights Reserved.