韓国映画

韓国映画『三姉妹』

投稿日:

 

来週から日本でも公開される映画『三姉妹』。思っていた映画と違い、かえって印象に残った。

 
『三姉妹』(2020年/韓国/115分)
韓国映画 三姉妹 映画 ムン・ソリ キム・ソニョン
(c)2020 Studio Up. All rights reserved.

2020年6月17日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー!

詳しいあらすじや公開情報等は公式HPをご覧ください。

 


 

映画あらすじ

 
韓国・ソウルで暮らしている三姉妹。

姉妹の中でも地味なのが長女ヒスク(キム・ソニョン)。
あまり流行っていない花屋を営みながら、別れた夫の借金をせっせと返している。一人娘のボミは反抗期で、売れてないパンクバンドに熱を上げている。
不幸としか思えない家庭環境だが、それでも本人は“大丈夫なフリ”をして日々をやり過ごす。

 
一方、“完璧なフリ”をしている次女ミヨン(ムン・ソリ)
韓国映画 三姉妹 映画 ムン・ソリ キム・ソニョン

大学教授の夫(チョ・ハンチョル)と一男一女に恵まれ、高級マンションに引っ越したばかり。熱心に教会にも通っている。
それなのに、夫の裏切りが発覚。“完璧なフリ”をしてきたのに、家庭崩壊の危機を迎えている。

 
三女ミオク(チャン・ユンジュ)は劇作家
韓国映画 三姉妹 映画 ムン・ソリ キム・ソニョン

実はスランプ中で自暴自棄になり、アル中になっている。“酔っていないフリ”をするが、みんなにバレバレ。トラブルも起こす。

 
三人が揃うことはほとんどない姉妹だったが、久しぶりに帰省して一堂に会することに。

 
父親の誕生日会のため集まったが-
韓国映画 三姉妹 映画 ムン・ソリ キム・ソニョン

なんと、思いもよらぬ出来事が起き、三人はそれまで蓋をしていた幼少期の心の傷と向き合うことに。

 
*****
共感できたのは、皆が“フリ”をしながら生きているってこと。

人って、少なからず自分の恥部を隠しながら“フリ”をして生きてる。
私も長女ヒスクのように“大丈夫なフリ”はよくする。かなり頑張って“大丈夫なフリ”をすることも多い。

映画で観るとそれが特殊なキャラに思えるけど、皆そうやって生きてると思うと、すごく共感できる。
けど、あとでいろいろなことが分かると、それがただの“フリ”じゃなかったことに気づく。

笑えたのは次女のミヨンかなー。開き直った夫に、笑顔で言う。
「離婚するにも能力がいるのよw」

まさに、転んでもただでは起きないタイプ(笑)。
こんなことを笑顔で言われたら、男性は恐怖しかないだろう。

三女のミオクは一見エキセントリックに見えるけど、姉妹の中では一番正直。

家父長制度や、その下で生きていく女性たちの生きづらさなんかも描かれていて、それが彼女たちの今の人生に影響している。
これも女性監督の作品かしら?と思ったら、なんと長女役キム・ソニョンの夫であるイ・スンウォン監督の作品。ちょっと意外だった。

韓国では2021年1月下旬に公開され、8万3千人を動員。
観客動員数が少なく思えるけど、コロナ禍で大騒ぎしていた去年のはじめ。映画館で作品を観ようと思った人は日本も少なかったはず。
そういえば、ミュージカル女優のイム・ヘヨンが出ていて、ここでも歌ってる。

 
オススメ度 ★★★☆☆

阿修羅のごとく
 こちらは日本版の姉妹モノ。
<<新しい記事 
食べログTOP500の人気寿司店は本当にヤバい“変態寿司”だった@西千葉
  前の記事 >>
一目惚れしたり、縁を感じたり…パワーストーンの不思議な魅力

おすすめ記事と広告

-韓国映画

Copyright© 韓美生活 , 2022 AllRights Reserved.