ミュージカルほか

■フランスミュージカル『アマデウス』in韓国ソウル

投稿日:2016年4月6日   

なんだか大変なことになっているフランスミュージカル

『アマデウス』(モーツアルト・オペラ・ロック)
フランス版アマデウス1
場所はあの世宗文化会館
来韓公演は今月24日(日)までだから、まだまだ何か
起こるかも

私が初めてこの作品を目にしたのは、2011年の秋


ソウルの映画館で、フランス版のライブ映像が3Dで上映され、
言葉に尽くせない衝撃を受けました
それまでに自分が見たことのない独特の世界観―。
楽曲はどれも中毒性があり、一度聴いたら耳から離れません

2012年には韓国版『モーツァルト・オペラ・ロック』
城南アートセンターまで見に行きました。2日連チャン

その翌年には日本版『ロックオペラ モーツァルト』にも
興奮しましたが…。
今年、ようやく元祖のフランス版を見ることができました
日本ではなく、韓国ソウルで(笑)。

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト役は…
フランス版アマデウス2
映像で何度見たか分からないぐらい自分には馴染みのある
ミケランジェロ・ロコント
映画館のスクリーンと、あとはDVDで何度も見てきましたが、
思っていたより小柄に見えました。
ソウルに戻ってからも体調は万全ではないと聞いていましたが、
全然問題ありません。声がかすれても色っぽい
大満足です

残念だったのがサリエリ役
フランス版アマデウス3
ローラン・バンという俳優さんです。

私が好きなのはフロラン・モットのサリエリで、彼が歌う
『悪の交響曲』に胸を撃ち抜かれました


作品を知ったときから、フロランのサリエリを見てきたので、
来韓しないと知ったときはショックでした

会場から友達に
「フロランも本国で『リア王』とか出ていないで、韓国に
来ればよかったのに~」とメッセを送った際、
「『リア王』じゃなく『アーサー王』」と、やんわり訂正され、
思わず
「いいんだよ、そんなもん、どっちだって」とキレそうに
なったほど(笑)。

それぐらい、フロラン不在の本作が残念に思えました

ちなみに、新サリエリの「悪の交響曲」


韓国語を交えて歌っているが分かりますよね
本番はもちろんフランス語でしたが、カテコは韓国語でこの
ナンバーを歌ってくれたので、客席は大盛り上がり
本当に楽しかった。
最初からこの俳優でサリエリ役を見ていたら、もう少し
受け入れやすかったかも。
何度か見ているうちにカッコ良く思えてきたし(笑)。

コンスタンツェやアロイジアなど、女性陣のナンバーも
大好きだし、この日の夜は興奮して眠れませんでした

席は、運よく3列目で見られたのですが、広い世宗文化会館…。
もう少し後方で見ればよかったと後悔しました。
前から3列目だと肉眼でもキャストの顔がよく見えます。
ただ、広すぎて舞台全体を見ることが難しい。
右を見たり、左を見たりキョロキョロ。
作品そのものを楽しみたいなら、会場の中央ぐらいの席が
いいかもしれませんね

そんなこんなで、フロラン不在でも楽しめちゃった本家
『アマデウス』ですが…
フランス版アマデウス4
興行主は何かと大変そう

来韓して序盤の地方公演では、主演俳優のミケランジェロ・
ロコントが体調を崩し、開演が遅れたり、やむを得ず録音で
舞台に立ったとか。
ソウルに来てから体調は回復したものの、今度はケガにより
急遽、アンダーが登場。
そうこうしているうちに、サリエリ役のローラン・バンが
アジア人を差別する発言をしたとしてバッシングされ、謝罪
次から次へと問題が起こるという

海外での長期公演で体調を崩したり、ケガをするのは想定内と
思いますが、問題発言が外部に漏れ出たのはいただけません。
しかもローラン・バンのこの発言を漏らしたのは韓国側の
通訳担当者。
SNSに投稿すれば大きな問題になることは想像できたはず。
この点、興行主が気の毒に思えました

広い世宗文化会館
フランス版アマデウス5
作品が良くても席を埋めるのは大変

<< 前の記事
■素敵な美術館カフェでワッフルを@ソウル光化門
次の記事 >>
■炭の入った真っ黒な石鹸で毛穴の汚れもスッキリ?

-ミュージカルほか

Copyright© 韓美生活 , 2017 AllRights Reserved.