超美味しい

貴重な機会の高級フレンチとペアリングを存分に楽しむ@日比谷

投稿日:

8月が終わろうとしている。この8月は本当にいろいろなことがあった。
身も心も「疲れたなー」と思ったとき、素敵なお誘いを受けた。

ただ、夜は3万円近くする高級店。
今月も会食が多いし、「予算的にちょっと参加は無理」と思っていたら、なんと主催者からご招待いただけることに(涙)。

こんな高級店でゴチしていただけるとは(号泣)。
疲れている自分に神様が特大のご褒美をくれたのかな。
本当に大人の食事会といった内容で、感謝しかない。

 
日比谷の高級フレンチ『TOYO』
日比谷 フレンチ ミッドタウン TOYO 中山シェフ
この日は、日本人で初めてパリにフレンチレストランを開業した『TOYO』の中山シェフがパリから戻ってきていて、『L'aube / ローブ』の平瀬シェフとのコラボを楽しめるという貴重な機会。

中山シェフは年に2回ぐらいしか戻ってこないそうで、普段は大森シェフが料理長としてお店を守っている。
中山シェフの来日に合せての平瀬シェフとのコラボなので、これ以上ないぐらい貴重な席だった。

 
ライチを食べながら幸せを実感
日比谷 フレンチ ミッドタウン TOYO 中山シェフ
こんな食事会に招待していただけるとは。

「料理のことをアレコレ語る前に一度、本場の味を口にしたほうがいいよ」という教えだったのかもしれない。

 


 

■初めて経験したソフトドリンクのペアリング

この日、素晴らしかったのはペアリング。お酒を飲まないメンバーにはソフトドリンクのペアリングが用意された。

 
アミューズ&バタフライピー
日比谷 フレンチ ミッドタウン TOYO 中山シェフ ペアリング
この年になって好きになったヤングコーンとチーズの料理。飲み物はライムの入ったバタフライピー。

鮮やかなカラーが目に飛び込んできた瞬間、小学生の頃に受けた、ぎょう虫検査を思い出した。当時、黄色と紫のテープで検査したと記憶している。
どうでもいい記憶をさっと消去し、口にしたヤングコーンは甘くて美味しかった。バタフライピーがこれまた美しい♡

 
キャビアサンド&シークワーサー
日比谷 フレンチ ミッドタウン TOYO 中山シェフ ペアリング
サックサクのパフに挟まったキャビアと、カボスと酢の入ったシークワーサーがよく合う。

 
パン
日比谷 フレンチ ミッドタウン TOYO 中山シェフ ペアリング
このパンはヤバイやつ。美味しすぎて、ついつい食べてしまう。持って帰りたいぐらいだった(涙)。

 
甘鯛ととろろ昆布&赤紫蘇
日比谷 フレンチ ミッドタウン TOYO 中山シェフ ペアリング
この日、もしかして一番の衝撃だったかも。それぐらい美味しく、これはもうフレンチってよりは“和”だと思った。そして、この昆布に赤紫蘇と梅のドリンクがこれまた合う。ペアリングの素晴らしさを感じた。

 
黄金鱧&伊勢茶
日比谷 フレンチ ミッドタウン TOYO 中山シェフ ペアリング
今年の夏は鱧をよく食べた。料理も美味しいけど、大胆に生姜を入れたお茶が印象的だった。

 

■予想もつかない料理に圧倒されっぱなし!

ここからがまたすごい。

 
アワビとホタテ&栗茶
日比谷 フレンチ ミッドタウン TOYO 中山シェフ ペアリング
この鮑料理と栗茶も驚いた。栗茶は思いっきり栗の味だった。

 
鮑料理はメロンパンみたいだったのに・・・
日比谷 フレンチ ミッドタウン TOYO 中山シェフ ペアリング

 
こんなふうに出てきた!
日比谷 フレンチ ミッドタウン TOYO 中山シェフ ペアリング
鮑を包み込んでいるのはホタテのすり身。弾力がすごくて食感も楽しめた。メイン料理といってもいいぐらい美味しい。

 
高千穂牛&四万十ぶしゅかん
日比谷 フレンチ ミッドタウン TOYO 中山シェフ ペアリング
まるでカツレツのよう。これが本当に美味しくって、しばらく言葉を発することができなかった。幸せすぎて泣きそうだった。

この日、使用した箸は持ち帰ることに。ふきんで拭いて、『TOYO』のロゴが入った専用の箱に入れた。
セレブな集まりだったので、みんな口々に「いろいろなお店の箸が家にたまっちゃって困るのよね」と言ってた。
我が家に高級店から持ち帰った箸はない。ゆえに、まったく困らないw

 

■デザートは『L'aube / ローブ』の味を満喫

かなりお腹いっぱいだったけど、ここからデザートタイム♡

 
シャインマスカット&ハイビスカスと薔薇
日比谷 フレンチ ミッドタウン TOYO ローブ デザート
冷たくてサッパリとしたシャインマスカットのデザート。お肉のあとに出てきたことで、よりサッパリとした感がある。

 
白桃のデザートも繊細
日比谷 フレンチ ミッドタウン TOYO ローブ デザート
『L'aube / ローブ』の女性シェフのデザート。お腹いっぱいなのを忘れてしまうほど美味しい。

 
ショコラ&パイナップル紅茶
日比谷 フレンチ ミッドタウン TOYO ローブ デザート
お皿の上では早くも秋を表現。落ち葉はパリッとしながらも、口に入れた瞬間に溶けてなくなる。これはもう感動もん。一発で『ローブ』のデザートのファンになってしまう。

 
最後は卵のようなものとハーブティー
日比谷 フレンチ ミッドタウン TOYO ローブ デザート

 
中は抹茶のデザート
日比谷 フレンチ ミッドタウン TOYO ローブ デザート
パッと見、シンプルだけどこれも想像を超える美味しさ。

 
料理もデザートもフレンチなんだけど、どれもこれもしっかり“和”のテイストが感じられて感激。

また、ソフトドリンクのペアリングがいちいち素晴らしい。
飲むメンバーは当然アルコールのペアリングだったけど、ソフトドリンクでもそれに負けない内容になっていて、これには本当に驚かされた。

高級店だけに、普段はなかなか行けないお店。特に夜は(笑)。
この日は特別に行くことができ、デビュー戦のような感じだった。
今後、年に数回は自腹でもこうした贅沢な時間を過ごそうと決めた。

 

店舗情報

関連ランキング:フレンチ | 日比谷駅有楽町駅銀座駅

<<新しい記事 
日本人に人気というホテルに泊まってみた@台北・民権西路
  前の記事 >>
やっぱり〆のデザートが最高に美味しかったビブグルマン掲載店@大森

おすすめ記事と広告

-超美味しい
-,

Copyright© 韓美生活 , 2019 AllRights Reserved.