アイテム、情報その他

韓国や台湾のホテルからEMSを発送したときの送料は…

投稿日:2015年1月11日   

どこの国に行っても、よく買い物をする。
以前は買ったものをスーツケースに詰め込んで帰ったが、とにかく重い(汗)。

この重いスーツケースを引きずって帰国することにストレスを感じるようになったので、数年前からは無理せずEMS(国際スピード郵便)で荷物を日本に送るようになった。
お金はかかるけど、重い荷物から解放されるので帰国時も随分と楽になった。

 


 

■台湾から日本に送る場合

EMSはホテルによって対応が違うけど、とりあえず段ボールはただで提供してもらえ。

 
お菓子ばっかw
2014年9月の台湾土産EMS

去年の夏は台北駅近くのホテルで、部屋で詰めた荷物をフロントの方が台車にのせて近所の郵便局まで同行してくれた。

 
郵便局
EMS 郵便局

台車を出してくださっただけでもありがたいのに同行してくださるとは。ありがたい(涙)。

 
韓国と違って、台湾では発送伝票のほかにコチラの伝票も必要
EMS.jpg
あとは重さを量って料金を支払うだけ。韓国から送るより、かなり高い。

このときは11kgで2,010元(今のレートで約7,490円)!
11キロってw
ホテルの方もさすがに笑っていた。
「一体、なにをそんなに買ったんですか」って(笑)。

その前のときは8kgで1,510元(約5,620円)。
だんだん重くなっている(爆)。

2日ぐらいで日本に到着する。とにかく早い。

 

■韓国から日本に送る場合

やはりEMSの取り扱いはホテルによって違う。
観光客の多いホテルだとほぼ対応してもらえるけど、ビジネスマンの多いホテルでは
「EMS? ご自身で郵便局に行って手続してください」と言われたことも…。

また、段ボールをただで提供してくれるホテルもあれば、2,000W(約220円)で買う場合もあった。
そういえば「段ボールだけは自分で調達してきてください」というホテルもあったな。

あとはEMS伝票に住所や名前等を記入するだけ。

送料は自分で郵便局に行くより、ホテルから発送したほうが少しお高くなるが、でも郵便局まで行く手間を考えたらホテルで出すのがやっぱり楽チン♪

 
ソウルのホテルから発送したときの料金を参考までに…

5kgまで
通常30,700W(約3,350円)が明洞のホテルだと38,300W(約4,180円)

 
6kgまで
通常33,200W(約3,630円)が明洞のホテルだと42,000W(約4,590円)

 
9kgまで
通常40,500W(約4,420円)が東大門のホテル41,700W(約4,550円)

↑ホテルによって手数料の金額が違うようなので、あくまでも参考程度に。^

 
東大門ではフロントで「うちから出すと手数料込みなので、少し高くなりますよ~」といわれたが、それでも明洞の定宿だったホテルと比べると相当お安い手数料。
いくら楽チンとはいえ、明洞で泊まっていたホテルの手数料がいかに高いかが分かる。

 
お得なのは、明洞「ハーモニーマート」からの発送
EMS ハーモニーマート
ここで30,000W(約3,280円)以上の買い物をすると、他店で購入したコスメ等も一緒に詰めてもらえるので助かる。

 
プチプチで包んでくれる♡
EMS ソウル
他店で買った割れ物の瓶もきちんと包装して隙間もキッチリ埋めて梱包してくれる。

段ボール代が2,000W(約220円)かかってしまうけど
5kgまで30,700W(約3,350円)
6kgまで33,200W(約3,630円)
郵便局から発送するのと変わらなかった。

明洞で宿泊していたホテルから発送するより、お得な感じだし、これまた楽チン。

「ロッテマート」からだと同じ重さでももう少しお高かったのと他店で購入したものを梱包できなかったので「ハーモニーマート」のEMSのほうが便利だと思った。

発送する時間帯にもよるけど、本当に早いときは翌日には日本に着くことも。
一度、私より先にEMSのほうが到着していたこともあった(笑)。

そんなこんなで無駄な出費と思いつつも、体力がないので、最近はずっとEMSを利用している。

今年の目標 : 無理はしない!
<<新しい記事 
念願だった『OHUI SPA』の驚くべき実力とは・・・@ソウル新沙
  前の記事 >>
おこげ入り鶏肉の丸焼きを繁華街でも@ソウル東大門

おすすめ記事と広告

-アイテム、情報その他

Copyright© 韓美生活 , 2020 AllRights Reserved.