韓国映画

■韓国映画『造られた殺人』

投稿日:2016年11月22日 更新日:

チェ・スンシル事件に揺れる韓国ですが、まさにそんな中、
日本で公開された『造られた殺人』

私が本作を見たのは少し前なんですが、今のチェ・スンシル
事件もJTBCというケーブルテレビ局のスクープが発端[emoji:i-190]
やがてスクープは韓国社会を揺るがす事件へと発展しますが、
一方の本作の行方は…

『造られた殺人』
   (原題:『特ダネ:良辰殺人記』2015年/韓国/125分)
造られた殺人-メイン
©2015 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

2016年11月19日(土)よりシネマート新宿ほか公開

詳しいあらすじや公開情報等は公式HPをご覧ください^^

記者ホ・ムヒョク(チョ・ジョンソク)は解雇の危機に直面
造られた殺人-サブ3
ところが、世間が注目する連続殺人事件で思わぬ情報が入る。
偶然にも殺人犯の自筆メモを手にするのだった!

私生活では妊娠中の妻スジン(イ・ハナ)と険悪だったが…
造られた殺人-サブ4
一世一代の大スクープを報道したムヒョクは、これで仕事も
夫婦仲も上手くいくと浮かれる。

だが特ダネが一転。
犯人の自筆メモが小説「良辰殺人記」の一説であることを
知り、前代未聞の大誤報だったことに気づくのだった。

真実を言い出せないまま話は大きくなるばかり
造られた殺人-サブ1
しかも誤報なのに「良辰殺人記」どおりの殺人事件事件が
発生し、事態は予測不可能な展開を見せていく。

ムヒョクに疑いの目を向ける刑事のオ班長(ペ・ソンウ)
造られた殺人-サブ2
さらに特ダネの真実を知っているという目撃者まで現れ―

*****
サスペンスというよりはブラックユーモアたっぷりの映画。
ただ、ムヒョクやスジンの行動はやや突拍子なく、なんだか
共感できませんでした

報道の人たちを見てきたからか、フィクションにしてもこれは
いくらなんでも…と思えなくもありませんでした。韓国なら
なんでもアリという考え方もできますが

ただ、一つの失敗で事が大きくなり、もはや収集がつかなく
なっていくあたりはさもありなんと笑えたし、ラストも
皮肉なものでした。

オススメ度 ★★☆☆☆

特ダネと誤報は紙一重
造られた殺人
振り回される警察官

大好きな『建築学概論』ではナプトゥク

<< 前の記事
■再訪したいキンパ屋で食べたいもの@ソウル忠武路
次の記事 >>
■お高い美白アンプルマスクを使用して思ったこと

-韓国映画

Copyright© 韓美生活 , 2017 AllRights Reserved.