韓国映画

■韓国映画『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』

投稿日:

国際映画祭で数々の賞を受賞してきた話題作がついに日本でも公開!

北朝鮮女性の数奇な運命を記録したドキュメンタリー映画。
凡人の私には想像もできないような人生が映し出されている。

 

『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』
     (2016年/韓国・フランス/72分)
韓国映画 マダム・ベー
(C)Zorba Production, Su:m

2017年6月10日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開!
詳しいあらすじや公開情報等は公式HPをご覧ください。

映画あらすじ

北朝鮮女性B(ベー)
韓国映画 マダム・ベー
10年前、彼女は家族のため一年だけ出稼ぎに行くつもりが騙され、中国の貧しい農村に嫁として売り飛ばされてしまう。

憎むべき中国人の夫と養父母との生活を受け入れるベー
韓国映画 マダム・ベー
彼女は中国と北朝鮮の家族を養うため、脱北ブローカーとなる。

そして北朝鮮に残してきた息子たちを韓国へ脱北させ、自らも韓国へ渡ることを決意し、過酷な脱北の旅へと出る。

命からがら辿り着いた韓国で―
韓国映画 マダム・ベー

彼女を待ち受けていたのは辛く、苦しい日々
韓国映画 マダム・ベー
脱北者ベーの人生に安らぎや幸せが訪れることはあるのだろうか―。
 

*****
日本で幸せに暮らしている人にはなかなか共感しづらい。
騙されて売り飛ばされた中国人の家族との生活とか、北朝鮮から脱北させた家族との関係性とか。
自分の想像力が乏しいせいもあるが、マダム・ベーが目指す“幸せ”の基準が、私の思っていたものとはまったく違っていたことに驚かされた。

強かった彼女は韓国に渡っても幸せにはなれなかった。
この先、一体どこに向かうのか?
映画を観てもその答えは分からない。

オススメ度 ★★★☆☆

クロッシング [DVD]
 脱北できても幸せになるとは限らない…。
<<新しい記事 
■イベリコ豚のしゃぶしゃぶに最強TKGの夜@渋谷
  前の記事 >>
■ミュージカル『レ・ミゼラブル』②

-韓国映画

Copyright© 韓美生活 , 2018 AllRights Reserved.