韓国映画

■韓国映画『女は冷たい嘘をつく』

投稿日:2017年10月23日   

今月の釜山国際映画祭で主演女優のコン・ヒョジンと文在寅大統領とのツーショット写真が話題になりました。
韓国映画『女は冷たい嘘をつく』。来週から日本でも公開されます。

 
『女は冷たい嘘をつく』
 (原題:『Missing:消えた女』2016年/韓国/100分)
韓国 映画 女は冷たい嘘をつく
(c)2016, DICE FILM & MEGABOX PLUS M, ALL RIGHTS RESERVED

2017年10月30日(月)よりシネマート新宿、11月10日(金)よりシネマート心斎橋にて公開
詳しいあらすじや公開情報等は公式HPをご覧ください。
 

映画あらすじ

ジソン(オム・ジウォン)はシングルマザー
韓国 映画 女は冷たい嘘をつく
1歳の娘ダウンの親権をめぐって元夫と調停中。

彼女は一人でダウンを育てるため、中国人のベビーシッターに娘の世話を任せ、自分は深夜まで仕事に追われる毎日だった。

中国人ベビーシッターのハンメ(コン・ヒョジン)
韓国 映画 女は冷たい嘘をつく
娘のダウンもすっかりハンメになついていた。

ところが、ある日突然ハンメとダウンが姿を消す―
韓国 映画 女は冷たい嘘をつく コン・ヒョジン
心当たりを捜し回るジソンだったが手がかりはない。

仕方なく警察や元夫に知らせるジソン
韓国 映画 女は冷たい嘘をつく オム・ジウォン
けれど、誰も彼女を信じず、養育権訴訟中に起こした自作自演と疑われてしまう。

結局、一人で娘たちの追跡を続けるジソン
韓国 映画 女は冷たい嘘をつく
家の前をうろつく正体不明の男からハンメの情報を得ることに。

そしてハンメの名前や経歴が嘘であることを知る
韓国 映画 女は冷たい嘘をつく
次々と衝撃的な事実が明らかになるのだった―。

 
*****
見終わっても、子供を連れ去ったハンメを憎むことはできない。
外国人で低所得者の彼女にとって、ここ韓国はまさに“ヘル朝鮮”。むしろ同情してしまう。
まったく対象的に見えたジソンとハンメだけど共通点も多く、それが皮肉に思えて胸が痛みました。

オススメ度 ★★★☆☆

あの子を探して [DVD]
 まったく違う話だけど、こちらも背景にある闇は深い。
<<新しい記事 
■もう手放せない! 実力派のNo.1リップバーム
  前の記事 >>
■台湾に行くと食べたくなる牡蠣オムレツ@台北・雙連

-韓国映画

Copyright© 韓美生活 , 2018 AllRights Reserved.