韓国映画

韓国映画『時間回廊の殺人』

投稿日:2018年3月14日   

入隊中のテギョンが出演!
『時間回廊の殺人』が今週末から日本で上映されます。

 
『時間回廊の殺人』
  (原題:『時間の上の家』 2017年/韓国/100分)
韓国 映画 時間回廊の殺人 テギョン
©2017 peppermint&Company,Inc. All Rights Reserved.

2018年3月17日(土)よりシネマート新宿・心斎橋ほか全国順次ロードショー
詳しいあらすじや公開情報等は公式HPをご覧ください。

 

映画あらすじ

1992年、ひっそりと佇む家で殺人事件が発生した。

夫と息子殺害の容疑で逮捕されたのは、妻ミヒ(キム・ユンジン)
韓国 映画 時間回廊の殺人 キム・ユンジン

息子の遺体も見つからず、ミヒは無罪を訴える―
韓国 映画 時間回廊の殺人 キム・ユンジン
だが、懲役30年が求刑されるのだった。

25年後―。
仮釈放されたミヒは、息子を探す手がかりをつかむため、事件が起きた家へと戻る。

そしてミヒは感じるのだった―
韓国 映画 時間回廊の殺人 キム・ユンジン
“あの時”と同じ何者かの気配を。

受刑者のケアをしているチェ神父(オク・テギョン)
韓国 映画 時間回廊の殺人 テギョン
チェ神父は家にこもっているミヒをたずねるが、彼女は頑なに心を閉ざす。

25年前の事件を調べるチェ神父
韓国 映画 時間回廊の殺人 テギョン
その家にまつわる驚愕の過去を突き止める。

事件から25年後の同日、チェ神父はミヒに警告する
韓国 映画 時間回廊の殺人 テギョン

「家から出るように」と―
韓国 映画 時間回廊の殺人 テギョン
やがて、失われた真実が浮かび上がってくる。

 
*****
アチコチに伏線が張られた作品。
すべての謎が明かされると、「えっ!」と驚きます。
事前にいろいろ情報を調べてしまうと、ネタバレが目に入ってしまうかも。
この作品は何も情報がないまま見たほうがいいと思います。

メイン写真がテギョンになっていますが、この作品はやはり最初から最後までキム・ユンジンありき。
ただ、ストーリーが重いので、テギョンが出てくると空気が変わって少しホッとします。

韓国で公開されたのは去年の4月。人々の関心が大統領選に集中していた時期ですが、それでも観客動員数が13万人弱というのは少ない気がしますねー。
ミステリーなのにファンタジーのような要素もあって、ちょっと中途半端な印象を受けなくもないです。

オススメ度 ★★☆☆☆
 

THE 2PM in TOKYO DOME(初回生産限定盤) [DVD]
  劇中のチェ神父とは違った姿をこのDVDで♪
<<新しい記事 
ストラップのキーホルダーが可愛いすぎる~@ソウル・東大門
  前の記事 >>
今になって知った悲報と朗報に戸惑い・・・

-韓国映画

Copyright© 韓美生活 , 2018 AllRights Reserved.