韓国映画

■韓国映画『殺されたミンジュ』

投稿日:2016年1月15日 更新日:

年明け一発目の映画なんで、本当は胸がキュンとするような
恋愛映画がよかったのですが…。
よりによってキム・ギドク監督作品『殺されたミンジュ』
のっけからヘビーな映画になっちゃいました(笑)。

実際は2PMチャンソン主演の『ダイナマイト・ファミリー』
する予定が、台湾に行ってしまったので、こちらはDVD化の
タイミングであらためてUPしたいと思います

そんなこんなで、年始にはあまりふさわしくない作品ですが、
韓国社会の“今”がリアルに描かれている点が興味深いです。
旅行では決して目にすることのない、韓国の側面が見えるので、
「もっと韓国のことをよく知りたい」という方にはオススメ。

また、キム・ギドク監督作品にしては、描写などがそこまで
グロくないので「この監督の作品って、どんな感じなの」と、
興味のある人には見やすいかも。
『メビウス』と比べると、かなり優しく仕上がっているように
思いました。

『殺されたミンジュ』
     (原題:『ONE ON ONE』2014年/韓国/122分)
殺されたミンジュ-main0_large
(C)2014 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved.

2016年1月16日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか
全国順次ロードショー!!

詳しいあらすじや公開情報等は公式HPをご覧ください^^

ある夜、ソウル市内で一人の女子高生が無残に殺された。

彼女の名はミンジュ
殺されたミンジュ-sub5_large
なぜ殺されたのか。
巨大なソウルの街は彼女の死を呑み込み、それを問う人さえ
いない―

一年後、謎の集団がミンジュの死の真相を求めて動き始めた
殺されたミンジュ-sub1_large
ミンジュ殺害に関わった容疑者は7人の男たち

その一人(キム・ヨンミン)が誘拐され…
殺されたミンジュ-sub3_large
拷問を加えられた挙句、自白をして許しを請う
殺されたミンジュ-sub8_large
自由自在に変装して、一人ずつ誘拐していく謎の集団
殺されたミンジュ-sub2_large

一方、自白した男の中には罪悪感で自殺する者も…
殺されたミンジュ-sub7_large
謎の集団も窮地に立たされたメンバーばかり
殺されたミンジュ-sub6_large
やがて容疑者たちの背後にある“国家”という大きな力を感じ、
謎の集団は結束と平静さを失っていく

最後の容疑者にたどり着いたとき、見えてくる真相
殺されたミンジュ-sub4_large
そのとき、謎の集団のリーダー(マ・ドンソク)は…

序盤、少し分かりづらかったけれど、キム・ヨンミンが一人
8役を演じています。

*****
謎の集団や容疑者の一人一人が韓国社会の中で抱える事情に、
やりきれなさを感じます。
そして、その不平不満を解消しようにも、“暴力”では何一つ
変わらないのだと痛感させられました。
胃に残るモヤッとした感じはイ・ビョンホン主演の『悪魔を
見た』
のときと似ています。
あれはあれで違った意味で強烈でしたが

痛烈に社会風刺するキム・ギドク監督の仕掛けに無意味なことは
何一つないですね。
例えば、殺された女子高生ミンジュという名も、漢字にすると
”民主”となり、失われていく民主を象徴していたり。
原題『One On One』の“一対一”も面白い。
社会での優劣も、暴力によって一瞬で変わってしまう。
誰の立場に立って本作を見るかによって、解釈の仕方も少し
違ってくるのでは。

謎の集団のリーダー演じるマ・ドンソクのセリフ一つ一つも
重いです。
見ている観客に対しても、「この社会で起きている現実から目を
そらすな」と突きつけている気がして…。
試写後の後味の悪さは、やっぱりキム・ギドク作品ならではと
思いました。
殺されたミンジュ-main000_large
他人事と思えば、つまらない映画。
そうでない人には考えさせられる映画。
見る人によって、全然違った印象を受けそう。

オススメ度 ★★★☆☆

おどろおどろしいだけじゃない キム・ギドク監督作品

<< 前の記事
■気に入っても、ちょっと微妙なブラックローズのコスメ
次の記事 >>
■<今日の一杯> 麺が美味しい牛肉湯麺

-韓国映画

Copyright© 韓美生活 , 2017 AllRights Reserved.