食べ歩き

祝ミシュラン一つ星! 〆の蕎麦は全種類制覇がオススメ@四谷三丁目

投稿日:

 

コロナ前から「行きたい、行きたい」と呪文のように唱えていたお店。

 
〆のお蕎麦も人気だけど…
四谷三丁目 荒木町 車力門 おの澤 ミシュラン

 
その前に出てきたトロたくに心をつかまれる♡
四谷三丁目 荒木町 車力門 おの澤 ミシュラン

 
車力門『おの澤』
四谷三丁目 荒木町 車力門 おの澤 ミシュラン

以前はまだ予約が取れたそうだけど、気づけばミシュラン一つ星店。今では予約開始と同時に席が埋まってしまう。
というわけで、予約が取れるまでに思いのほか時間がかかってしまった。

とはいえ、それほどの人気店にもかかわらず、敷居が高いという感じはしない。店主の人柄がいいせいか、むしろ居心地の良い店だった。

 


 

■前半戦:旬の素材を楽しめる季節の料理

前半は海の幸をメインとした料理が中心。

 
どの料理も日本酒が進む
四谷三丁目 荒木町 車力門 おの澤 ミシュラン 日本酒

 
先付け
四谷三丁目 荒木町 車力門 おの澤 ミシュラン

アカガイやタイラガイ、春の山菜のジュレがけ。

 
お椀
四谷三丁目 荒木町 車力門 おの澤 ミシュラン

ハマグリと椎茸の椀。

 
お造り
四谷三丁目 荒木町 車力門 おの澤 ミシュラン

和歌山の本マグロに三重県のアオリイカ。ごく普通のお造りに見えるけど、口の中に入れたら目を見開いてしまうほど美味しかった。

 
マナガツオの焼き物
四谷三丁目 荒木町 車力門 おの澤 ミシュラン

黒いほうが背中で、白いほうがお腹という。

 
日本酒
四谷三丁目 荒木町 車力門 おの澤 ミシュラン 日本酒

大好きな友からの差し入れ♡

 
白子のリゾット
四谷三丁目 荒木町 車力門 おの澤 ミシュラン 日本酒

通風になってもいいw
ってぐらい美味しい。

 
自家製カラスミ
四谷三丁目 荒木町 車力門 おの澤 ミシュラン 日本酒

『松陰鶴水』で食べたカラスミと同じく、日本のカラスミはお高いけど激ウマ。

 

■後半戦:常連も楽しみにしている定番の料理

コースの構成は前半と後半に分かれている。前半は主に季節の料理で、後半は『おの澤』で人気の定番料理が中心。

 
鰻の地焼き
四谷三丁目 荒木町 車力門 おの澤 ミシュラン 日本酒

パリッパリ。香ばしくて、『小松弥助』で食べた鰻を思い出す。

 
まだまだ続く差し入れの日本酒
四谷三丁目 荒木町 車力門 おの澤 ミシュラン 日本酒

友よ、感謝♡

 
牛と山菜の小鍋
四谷三丁目 荒木町 車力門 おの澤 ミシュラン 日本酒

花びらのような牛肉がとろける一方で、サクサクのフキがいいアクセントに。

 
トロたく
四谷三丁目 荒木町 車力門 おの澤 ミシュラン 日本酒

メインにしてもおかしくないぐらいの存在感。コレ、最高ね。

〆の蕎麦は冷たいのと温かいので5種類あり、何種類でもOK!

 
①普通に蕎麦だけ ②カラスミ ③海苔 ④鴨ネギ ⑤牡蠣

量も調整してもらえるから良心的。なんなら、すべての味を楽しめちゃう。

 
カラスミ蕎麦(小)
四谷三丁目 荒木町 車力門 おの澤 ミシュラン 蕎麦

 
海苔蕎麦(小)
四谷三丁目 荒木町 車力門 おの澤 ミシュラン 蕎麦

 
鴨ネギ(小)
四谷三丁目 荒木町 車力門 おの澤 ミシュラン 蕎麦

男性陣は牡蠣蕎麦も食べていた。

蕎麦はどれも美味しかったけど、私の中では海苔が圧勝。海苔がつゆに溶け込んで風味豊か。どうせなら全種類オーダーすればよかったとプチ後悔。

 
丹波黒豆のブランマンジェ
四谷三丁目 荒木町 車力門 おの澤 ミシュラン 蕎麦

とても美味しくいただいた。

日本酒の多くが友だちからの差し入れだったことと、男子が多めに出してくれたこともあり、この日の女子の会費は24,000円だった。
料理が美味しいので、ついつい日本酒が進んでしまいがち。あまり飲みすぎると3万円近くになりそう。

料理はとても美味しかった。
若干インパクトに欠けたのは、少し前に行った『松陰鶴水』の印象が強すぎたせいだと思う。

加えて、二部制なので時間になったら店を出ないと行けない。人気店に多い二部制はゆっくり飲食できないのが少し残念。まぁ、これは仕方ないか。

ここ『おの澤』は季節の素材を楽しめるし、何か特別なことがあったときに利用したいお店と感じた。

 

店舗情報

<<新しい記事 
コロナで増えた贅肉・・・、体重を戻すにはやっぱりアレしかない!?
  前の記事 >>
朝起きて命があったことに感謝しましたか?

おすすめ記事と広告

-食べ歩き
-,

Copyright© 韓美生活 , 2022 AllRights Reserved.