食べ歩き

■2泊3日の格安ソウル旅 ~早朝帰国と初めての質問~

投稿日:2016年5月29日 更新日:

日曜日なので台湾ネタの予定でしたが、先週の月曜日から
1週間に渡って、12月の友達夫婦との格安ソウル旅行について
書いています[emoji:i-220]
今日が最後の旅行記。各安旅行に参加した率直な感想に
なります。(「肉の日」のお肉は次回UP[emoji:i-184])

「2泊3日ソウル旅(明洞泊)」とのことでしたが、実際は
夜発の早朝帰国なので、中1日の滞在。
わずか30時間のソウル滞在でしたが、それでも私は目的の
アートメイクのリタッチを終えられたので満足。
あっという間の旅ではありましたが、こうやって振り返ると
友達夫婦との思い出も作れたし、行ってよかったです

残り数時間で帰国という、最後の夜は明洞の屋台でアレコレ
買い物しました。
人間ドックで来れなかったオット君には、ソルロンタン
お土産にすることに

小腹が空いたときのために大好きな焼き栗も屋台で購入
格安旅行に栗
5,000W(このときのレートで約520円)

釜山で食べた焼き栗のほうが美味しいけど、以前、明洞の
屋台
で買ったのより、この日の「ロイヤルホテル」近くの
屋台
のほうが美味しかった[emoji:i-184]
同じ明洞の屋台でも、栗の量とみずみずしさが違うんですね[emoji:i-190]

そうやって日付が変わる頃、友達夫婦とホテルに戻り、荷造り。
私がソルロンタンをキャリーバッグに詰めているのを見て、
二人はギョッとしていましたが

そして友達夫婦と爆睡し、朝4時に起床。5時にはホテルを
出発しました。
「コリアナホテル」前でバスに乗り、仁川空港へ[emoji:i-35]
一人16,000W(このときのレートで約1,660円)でした。

到着時にも書きましたが、仁川空港までのタクシー料金は
50,000Wぐらい。なので、3人で割ればタクシーで行っても
そんなに変わりませんね

前日、アートメイクのリタッチをしたことで目元に負担を
かけたせいか、顔がだるいというか。
腫れはそこまでなかったけど、グラサンもして、バスの中でも
爆睡でした。
よほど眠りが深かったようで、気づいたら仁川空港でした。

通常、金浦空港を利用している際は「1時間前に空港に着けば
いいかな」ぐらいに思っていましたが、仁川空港にそんな
甘い考えは通用しませんね。
広いし、人も多い
出国するまでも相当時間がかかるし、搭乗ゲートまでも遠い
私はのん気に「ロボットキンパ」で買い物していましたが、
免税品を受け取る友達夫婦はそこまで行くのも大変で、最後は
搭乗ゲートまで走る羽目に
仁川空港があんなに広いってことをすっかり忘れていました

行きと同じく、小さなチェジュ航空で帰国。すでに狭いのには
慣れて「別に、落ちなきゃ何でもいいよね」という感じ[emoji:i-184]

成田空港の第3ターミナルはやっぱり閑散としていて
格安旅行-第3ターミナルに帰国1
階段の上り下りが面倒だったり
格安旅行-第3ターミナルに帰国2
あとは普通に税関を通り抜けるはずでしたが…
格安旅行-第3ターミナルに帰国3
ここで思わぬ足止めをされることに。グラサンしていたのが
まずかったのかも

空港職員の方から
「あのー、もしかして“金”とか買ってきましたか」と
思わぬ質問をされました。

「金? ゴールド? 買ってきていませんけど
それでも納得しない空港職員。
「念のため荷物の中身を拝見してもよろしいでしょうか」と、
ここで荷物検査。初めてのことでした

もちろん金が出てくるはずもなく、解放されました~。
さすがに金は買わない…

この展開に大笑いしている友達夫婦と再び第2ターミナルへ。
午前11時ぐらいに解散しました[emoji:i-88]

格安旅行の率直な感想ですが…
楽しかったけど、とにかく疲れた~

普段「羽田-金浦」を利用していると、「成田-仁川」は
やはり遠くて広くて時間もかかって不便に感じられるからです
それにしても、よく歩いたなーと思うので、健康にはいいかも
しれません。
私みたいに体力のない人には強くオススメできませんが

ソウル滞在時間が30時間未満だったので、「アレもコレも
楽しみたい」という方には物足りないでしょうけど、何か
「コレ!」という目的がある方には十分ですよね。

疲労感は半端じゃなかったけど、現地で美味しいものを食べて
買い物して、チムジルバンでマッタリして、アートメイクの
リタッチも終えることができました。
これで12,000円(諸費用込みで18,000円)だったので
誘ってくれた友達夫婦には感謝です

<< 前の記事
■2泊3日の格安ソウル旅 ~最後はやっぱりワッフル~
次の記事 >>
■好きなもの大集合の強力ポッサム定食@ソウル乙支路入口

-食べ歩き

Copyright© 韓美生活 , 2017 AllRights Reserved.