韓国映画

■韓国映画『ヒマラヤ~地上8,000メートルの絆~』

投稿日:2016年8月2日   

こちらも先週から日本で公開されています。

『ヒマラヤ~地上8,000メートルの絆~』
(2015年/韓国/124分)
ヒマラヤmain
©2015 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved

7月30日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、
シネマート新宿ほか全国順次ロードショー

詳しいあらすじや公開情報等は公式HPをご覧ください^^

韓国初の本格的な登山映画だそうで。
これまでいろいろな韓国映画を観てきたけれど、スタッフと
役者が文字通り“命がけ”で作り上げた作品になったのでは。

主演ファン・ジョンミンは、3日かけて登らないと到着しない
撮影現場に向かいながら、
「自然の前では、人間がどれほど小さな存在なのかを感じた」
とインタビューに答えています。

登山家オム・ホンギル(ファン・ジョンミン)は、新人の
ムテク(チョンウ)らとカンチェジュンガの登頂に成功
ヒマラヤsub1
だが、ヒマラヤ完全登頂を目前に足の故障で現役引退を決意
ヒマラヤsub3
ムテクは「自分が兄貴の足になる」と止めるが、ホンギルは
「お前の時代が来たんだ」と愛用のピッケルをムテクに託す。

数年後、悲劇が起きた―。
エベレスト登頂に挑んだムテクらが天候悪化で遭難したのだ。

もはや生存は絶望視され、彼らの葬儀が開かれたが、遺体は
まだ見つかっていない。

そこでホンギルは再び仲間を集め、危険な登頂を決意する
ヒマラヤsub6
それは遭難したムテクたちの遺体を回収するためだった。

危険なデスゾーンに向かうホンギル
ヒマラヤsub2
「今回の遠征目的は登頂ではない。よって、いかなり名誉も
見返りも望めない」

ホンギル率いる遠征隊は決死の捜索で、ムテクたちを家族の
元へと帰すことができるのだろうか―。

*****
今回、思い知らされたのは、人生は二者択一の連続ってこと。
けれど、ここ雪山では一刻の猶予もない。
ときには仲間を見殺しにしなければならない。そんなことが
自分にできるだろうか。

例えば、崖から転落し宙吊りになった仲間と自分を1本の
ザイルがつないでいたら、どうするのか。
迷っていれば、重みに耐えきれず、自分もまた奈落の底へと
落ちていく。
だったら、仲間の体をつないでいるザイルを切れるだろうか。
本作はそうした過酷な選択の繰り返し。

私みたいな凡人はランチを和食にするか洋食にするか程度の
二者択一だけれど、本作のキャストたちは命がけで選択をし、
正解なんて誰にも分からない。

実際は「その選択がどれほど残酷でも、どちらかが必ず生きて
帰り、そのときの状況を報告する」ために、ザイルを結ぶ際は
ナイフを首からぶら下げるそうですが…。

じゃあ、パートナーが宙吊りになっているのに、基本通りに
ザイルを切れるのか。

たぶん私にはできないと思います。そうするだけの決断力も
行動力も勇気もないから

「山に登るか登らないか」から始まり、前に進むのかここに
とどまるのかを瞬時に選んでいく。

悪天候の中、行方不明になった友を探しに行くか行かないか。
これも苦渋の選択。
行けば自殺行為。行かなければ冷酷だと非難される。

ただ、後退することもまた、強い心なしではできない決断だと
本作を見ながら感じました。

終盤も感動的でしたが、私は中盤の大学での講義シーンから
泣いてしまいました。
名もない登山者のことを熱く語るホンギル。
歴史にその名が残らなくとも、自分が記憶し、胸に残す。
その姿に泣けました

資料を読むと、この作品の大きな核となっている遺体回収に
ついては、そもそも「遺体」のとらえ方がアジアと欧米とは
根本的に異なっているそうです。

実際、エベレストでは今も多くの遺体が石のように転がり、
石のように凍てついたまま留め置かれているんだとか。
欧米では「遺体」は「モノ」であり、自らの命を賭してまで
回収に行くことはあり得ないんだそうで。

でも私たちは違いますよね。
動かなくとも「遺体」は「モノ」ではなく、「ヒト」ですよね。
この点、彼を連れ戻したいという思いは韓国人でなくとも
共感でき、そこで隊員たちが下す決断に胸が痛むのです。

オススメ度 ★★★★☆

覚悟を決めて退路を断ち、当選した新都知事はこういう
遠征隊のリーダーにも向いている気がしました

登山映画といえば…

本格的じゃないかもしれないけど

<< 前の記事
■韓国映画『オフィス 檻の中の群狼』
次の記事 >>
■<今日の一杯> 豪快な鶏肉うどん@ソウル鐘路5街

-韓国映画

Copyright© 韓美生活 , 2017 AllRights Reserved.