韓国映画

韓国映画『連鎖』

投稿日:

 

今週末から日本で公開される映画『連鎖』。後味は悪いけど、印象に残る作品だった。

 
『連鎖』(原題:『石ころ』/2020年/韓国/107分)
映画 連鎖 韓国映画 石ころ 水切り キム・デミョン ソン・ユナ
©2020 Zip Cinema All Rights Reserved.

2022年4月8日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国順次公開

詳しいあらすじや公開情報等は公式HPをご覧ください。

 


 

映画あらすじ

 
ソック(キム・デミョン)は30代だが知能は8歳ぐらい
映画 連鎖 韓国映画 石ころ 水切り キム・デミョン ソン・ユナ

小さな農村で穏やかに暮らしている。

 
ある日、家出少女ウンジ(チョン・チェウン)と出会い-
映画 連鎖 韓国映画 石ころ 水切り キム・デミョン ソン・ユナ

二人は友だちに。

 
そんな二人を心配する児童保護私設のキム先生(ソン・ユナ)
映画 連鎖 韓国映画 石ころ 水切り キム・デミョン ソン・ユナ

 
一方、ノ神父(キム・ウィソン)は二人を見守る
映画 連鎖 韓国映画 石ころ 水切り キム・デミョン ソン・ユナ

 
ソックと家族のように親しくしてきたノ神父
映画 連鎖 韓国映画 石ころ 水切り キム・デミョン ソン・ユナ

神父はキム先生をなだめ、ソックとウンジを温かい目で見守ることに。

 
ところが、ある夜、予期せぬ事故が起こる
映画 連鎖 韓国映画 石ころ 水切り キム・デミョン ソン・ユナ

偶然、居合わせたソックはキム先生に通報され、犯罪者にされてしまうのだった-。

 
*****
見れば分かるが、胸をえぐられるような話。

本作は2020年10月に韓国で公開され、1万8千人の観客を動員。そもそもコロナ禍で公開館数も少ない。
公開時期の近い『サムジンカンパニー1995』(観客数157万人)の1/4ほどのスクリーン数だった。
『連鎖』と同日に公開された『声もなく』(観客数40万人)とくらべてもスクリーン数は半分以下。
コロナが急激に広まった2020年、劇場で映画を観ようと思った人がどれほどいたか。
映画を観ることより、誰もが自分の日常生活を気にしていた一年でもあった。

と考えると、観客数が伸び悩んだのは仕方ないとして、作品としては釜山国際映画祭で高い評価を得たという。

まったく違ったストーリーだけど、チョン・ドヨンとソン・ガンホ主演でイ・チャンドン監督の『シークレット・サンシャイン』を思い出した。
残酷なことが起きても、そこにいるしかないという過酷な状況や、信仰深いはずの人たちが見せる愚かな姿。どこまでも透明なのはソックとウンジの友情だけという。

誰もが陥るかもしれない負の連鎖。自分は偏見を持たず、真実を直視できるか?と問われると即答はできない。
終盤で見せるソック(キム・デミョン)の表情が目に焼きつく。

 
オススメ度 ★★★☆☆

母なる証明
 こちらもある日突然、容疑者に…。
<<新しい記事 
『肉と日本酒』の並びにある『野菜と日本酒』でお腹いっぱいに@千駄木
  前の記事 >>
水分たっぷりのアイクリームでクマ退治に期待してみる♪

おすすめ記事と広告

-韓国映画

Copyright© 韓美生活 , 2022 AllRights Reserved.